<< 日本の形 | main | 百味箪笥 >>
2018.12.08 Saturday

古着

0

    古着屋を覗くようになった。

    あまりにもたくさんの服があるので、一体どれを選らんでらいいのか解らなくなるくらいだが、

    持ち時間が切羽詰っていなかったら、何度もチェックできるのでだんだん自分の好みがはっきりしてくる。

    よってよってお気に入りのシャツを選ぶ。

    こうやって見ていると、ブランド品がなぜいいのか解ってくる。

    古着なので洗濯を繰り返しているはずなので、品質の差が出るのだ。

    安物は繊維が毛羽立っているし、色落もしている。

    その点ブランド品は形がしっかりしているね。

    また、デザイン力の差もおおきい。

    なんてないデザイン・色の組み合わせでもブランド品は垢抜けている。

    これなら飽きずに着続けていけるだろう。

    と、ブランド品を持ち上げているのだが、自分はブランド品をめったに買わない。

    安物とブランド品の中間品の中で好みに合うものを探して買っている。

    そこが古着買いの真骨頂だと思っているからだ。

    貧乏性ともいうが。

     

     

     

     

    ----------------------------------------

    Please click

     

    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

    ギター工房9notes/勝田進

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << January 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM