<< アートと資本主義 | main | 和草 >>
2018.10.16 Tuesday

レビン

0

    高校の3年生で自動車免許を取った。

    卒業したら山の中の廃校を利用した楽器工房へ見習いに入ることが決まっていたからだ。

     

    自動車学校の担当教官は警察官上がりのヤクザのような人で、狭い車の中でいっしょになるのは

    憂鬱だったが、早く免許が欲しくて我慢した、まだ名前を覚えているよ。中村!

     

    友人が学校に持ち込んでいた中古車情報誌を回し読みしていた。

    スカイラインとかギャランとか出たばっかりのソアラとか人気だったが、

    私は初代の「カローラ・レビン」が好きだった。

     

    一見ふつうのカローラなんだが、ひとたびアクセルを吹かせば ”かっ飛ぶ”「レビン」が

    私の美学にはぴったりなのだ。

     

    しかしながら、「レビン」を手に入れることはついになかった。

    というか、自動車に大金を払うタイプではないのだ。

     

    そうであるのだが、今でもときどき「レビン」を思い出す。

    普通に見えるけれど中身はハイパーな存在の象徴として、私の記憶に残っているからかも知れぬ。 

     

     

     

    「レビン」っていう名前もかわいいよね。

     

     

    -------------------------------------------

    Please click

     

    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

    ギター工房9notes/勝田進

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM