<< 9notesと法華経 | main | レビン >>
2018.10.13 Saturday

アートと資本主義

0

    バンクシーの絵画がオークションで落札されたら、額に内臓されていたシュレッダーで

    ”うどん状”に裁断されて出てきたと、インターネット上で話題になっている。

    (パスタになっていた合成写真もあった)

     

    バンクシーは匿名作家でストリートアーティストだそうだ。

    私もネット上で何度も作品を観ていたが、社会風刺が効いている壁の落書きが

    バンクシーのもとは知らなんだ。

     

    キース・ヘリングもそうだったが、NYの地下鉄に落書きしたり、店舗のシャッターに

    落書きするアートは世界中健在で、警察に捕まらないように早書きするのが特徴だろう。

     

    バンクシーもたぶん警察が嫌いだね。

     

    これをPunk Rockに当てはめれば、反権力志向が強いアートとなる。

    そう考えれば、オークションで自分の絵画が商品となって競売に掛けられることに

    抵抗して、額にシュレッダーを内蔵した秘密が解ける。

     

    実際、アート作品に値段を付けることに抵抗した運動もあった。

    作品が残るとなれば売買の対象になってしまうので、作品が残らない

    「パフォーマンス」(身体などを使い空間と時間を作品化する)とか

    「インスタレーション」(設置型アート:会期が終われば解体して元も何もない空間になる)とかを

    アーティストが望んで表現に取り入れたこともあった。

     

    しかしながら、資本主義はしたたかだ。

     

    バンクシーを落札した人物は、はじめは落胆したが「これで美術史に残る」と歓迎模様。

    オークションした主催者は、「市場初のオークション中に作品が完成した」と喜んでいるとか。

     

    おそろしや、資本主義。

     

    だけどね、これは「現代美術と資本主義」だけの世界の話で「芸術」の本筋の話とは関係ない。

    例えば四大文明における「芸術性」とか日本の縄文における「芸術性」と同等には扱えないのは

    自明の理でしょう。

     

    「個性」なんてちっちゃいのよ。

     

    (バンクシー本人のインスタグラム投稿写真。「少女と風船」という作品がシュレッダーにかかると

     「愛はゴミ箱の中に」という作品名に変わったという)

     

     

    ---------------------------------------------------------

    Please click

     

    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

    ギター工房9notes/勝田進

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM