<< 秋はインテリア | main | 逆風のコンテンポラリー >>
2018.08.27 Monday

一株

0

     

    お盆前後、8月の中頃から秋冬野菜のため畑に種を下ろし出します。

    いわゆる「秋蒔き」ですね。

     

    ブロッコリーやら白菜やらは、「苗床」を作って種まきし、

    大根やら蕪は、畝を切ってから一粒ずつ種を下ろして行きます。

     

    順繰り芽が出てきて蜜植になってきたら、間引きして

    「間引き菜」として戴きます。

     

    虫もまだ元気なので害も出ますが、それを一匹ずつ除いて

    株を守り、ある程度の大きさになるまで面倒を見ます。

     

    涼しきなれば虫害も減るし、株も大きれば負けないで育ってくれます。

     

    あれっ?野菜の「一株」の「株」って「株式」の「株」と同じ字だっけ?

     

    資本主義の原動力の「株」が、種から出た芽が増えて一かたまりになった状態と

    同じ字を使うって、どういうことなのだろう?

     

    辞書には「木のきりかぶ」の意とあるけど

    「株式」とどんな関係があるのだろう・・・・

     

    調べたら面白いかも。

     

     

     

    ------------------------------------

     

    please click

     

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM