<< おもいつき | main | 秋はインテリア >>
2018.08.19 Sunday

バビルの島

0

    砂の嵐にかくされた バビルの塔にすんでいる 

    超能力少年 バビル2世

    地球の平和を守るため

    3つのしもべに命令だ(やぁ)

     

    コンピュターにまもられた バビルの塔にすんでいる

    正義の少年 バビル2世

    悪魔の基地をこわすため

    3つのしもべに命令だ(やぁ)

     

    宇宙のちえをたくわえた バビルの塔にすんでいる

    ゆうかんな少年 バビル2世

    世界の未来をひらくため

    3つのしもべに命令だ(やぁ)

     

    怪鳥ロブロス空を飛べ

    ポセイドンは海をゆけ

    ロデム変身地をかけろ

     

    (水木一郎アニメ「バビル2世」 歌詞 東映二)

     

    * 

     

    地球温暖化はすでに深刻な事態に陥っていたが、人間はなすすべがなかった。

    ヤマト国近海で台風が頻繁に発生するようになって久しい。

    新しいニュースでないので人々の反応もにぶくなりマンネリ化していた。

     

    ニライ県の本島では台風が4月から10月まで連続して発生しており

    毎週のように暴風雨に襲われていた。

     

    一方 ヤマト国は米米国の要求にしたがってニライに基地を集中させる政策を

    強引に進め、結果ニライの本島に国全体の90パーセントの基地が集まることに

    なっていた。

     

    島のジャングルの強制収用はもちろん、海岸も強引に埋め立て滑走路や湾を作った。

    一方国は、ニライの人々を黙らせるため本土との間にトンネルを開通させる約束をたて

    このたびそれがやっと実現した。これで海底トンネルを使いで自動車でサツマ県まで

    行けることになった。

     

    それからまもなくのことだった。

     

    米米国軍が突然 ニライ県全土の「基地の撤退」を発表した。

    詳しいことは軍事秘密ゆえ説明がないが、一部のウワサでは台風の影響で

    飛行場から戦闘機は飛びたてないし、ヘリコプター・オスププレは強風で墜落続き、

    戦艦や空母も高波で出港できない状態が一年の半分では、

    基地機能として完全に麻痺状態であることが原因との見方がある。

     

     

    赤道を挿み北回帰線〜南回帰線の間では、高温の影響で飛行機の定期的な運航は

    期待できない状態になっている。また海洋では”しけ”続きで船も運航できない。

     

    各国が世界戦略を見直す時期に来ている。

     

     

    -----------------------------

     

    please click

     

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM