<< サムライなのか? | main | IR >>
2018.07.12 Thursday

プールに落ちた蝉

0

    脳天から蝉の声が落ちて来る。

    じりじりと頭から音がするのを感じながら、一人 通学路を歩いて帰る。

    暑さとダルさで家までなんと遠くに感じることか。

     

    境内を通り、橋を渡るとそこから家まで木陰はない。

    目の前の”打ち水”が自分との距離間を保ちながら後ずさりしているよ。

    ゆらゆらしてるのは自分の意識か空間か。

     

    夏休みのプール開放日後に選抜選手の練習がある。

    2学期になると市の競泳の選手権があって、その選手に選ばれたのだ。

    でも、いやなんだよ。

    プールで自由に泳ぐのは好きだけど、大会で泳ぐのはいやなんだ。

    そんなに早く泳げる選手じゃない。

     

     

    スターターピストルがいつ鳴るのだろう。飛び込み台の上で足が震える。

    心臓の鼓動が耳元で聞こえるようだ。

     

    ダブーン!!!

    水面を胸で捉え泡に包まれる。

    手も足も水の縄につながれたみたいに重く泳いでいるのか もがいているのか。

    プールの端が黒く霞んで見える。

     

    息継ぎしても空気が入ってこない。苦しい、酸欠だよ。

    観衆の声が途切れ途切れに聞こえる。(これは断末魔か?)

    じゅるる、じゅるると水泡が列を作り顔をこする。

    音にだけは敏感になっている。

     

    隣のレーンの選手のバタ足がスローモーションのようだ。

    懸命に手足を動かして前に進んでいるつもりだが、ちっとも壁が見えないよ。

     

    ターン!

    キックしたまましばらく休む。

    後25メートルの辛抱だ。汗をかかないがノドが乾く。

    バタ足は水面にしぶきが出てはいけないのだろ。それでは効率が悪いと教わった。

    水を押し出すように足を動かすんだ。(と頭では考えている)

     

    観衆の声援は、ラストの選手がゴールまで着くまで終わらない。

    これが済めば、僕の短くも長い夏も終わるだろう。

    ミーン・ミーン・・・

     

    -------------------------------------

    please click

     

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM