<< 火垂る(ほたる)の墓の時代 | main | 五平餅とへぎ板 >>
2018.05.19 Saturday

茶碗

0

    「母さん、お茶」という台詞、

    芝居の中での中年夫婦の会話の典型だが、実際私もよく使っている。

     

    若いときと違って食後に口の中をさっぱりしたい気分があって

    お茶も所望したくなるのだ。

    それも熱いお茶じゃないとダメ。

    さすがに「おい、このお茶ぬるいぞ」とは言えないが。

     

    最近、妻はいただきものの『タンブラー型のサーモマグ』に熱いお茶を入れて来る。

    これだと『魔法瓶』のようなものだから冷めにくくていい。

    ただ、熱すぎるお茶だと舌がやけどしてしまう。

     

    そんなとき、ご飯茶碗にサーモマグからお茶を移して冷ましていただく。

    丸い器をゆらしながら温度を調節して飲み頃にする。

     

     

    『ご飯茶碗』は『ご飯』をよそう『お茶碗』だから、元は『お茶碗』ということになる。

    お茶を飲む『碗』なのだ。

     

    焼き物・陶器が日本中に普及するまで、木製の『お碗』でご飯を食べていたのだと思う。

    ロクロ師が山で木を挽いて『碗』を作り、それで汁もご飯も食べていたのがはじめだろう。

     

    その後、碗に『漆』を塗って水分を吸収させないようにして汁を入れる『お碗』が完成したと

    考えられる。また『漆』を布で補強してさらに丈夫にする工夫も行われた。

     

    『お茶』は僧侶が中国大陸から伝えたといわれている。

    それがなぜ焼き物の『茶碗』で『お茶』を飲むようになったか解らないのだが、

    『茶碗』を熱湯で温めてから『お茶』を注げば、冷めにくく温かいまま飲める。

     

    また『夏茶碗』は開口部が広く、わざと冷めやすくするように作られている。

    夏は温度を下げた方が美味しく感じるからだ。

     

    お茶には適温があっておいしく感じる温度がある。

    茶席の亭主は、その温度を熟知して客に勧めるのであろう。

     

     

    毎日 毎食 食後の一服が茶席のようであったらいいのだが、

    それは無理というもの。

    それでもなるべく”better”を探している。

     

    さぁ、歯磨きとは違う「さっぱり」で、もう一仕事するか!

     

     

    -----------------------------

    please click

     

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM