<< 『恩』 | main | 春の自転車 >>
2018.04.28 Saturday

民藝とIKEA

0

    こんなタイトルを付けましたが、実はこのふたつは同列ではありません。

    民藝とIKEAはあまりにもかけ離れているからです。

     

    「ファインアートと商業アート」ぐらい。「手工芸と工業製品」くらい。

    「家庭料理と割烹料理」くらい。で、どちらがいいとか悪いとか問うことでもないです。

     

    しかしながら、同列で語るのは「 同じ家具というジャンル」あるいは

    「同じ食器というジャンル」「同じ生活雑貨・インテリア」と言うジャンルゆえです。

     

    スツールの値段が0一個違いますし、器によっては0が二つ違います。

    大型家具においては、民藝の材料代以下でIKEAの製品ができています。

     

     

    民藝が若い人にも人気が出てきたというニュースは、本当かも知れません。

    自分のライフスタイルに民藝というスパイスをうまく生かすことができる若い感性は

    本物でしょう。

     

    一方、IKEAに押し掛けるお客さんで民藝を理解できる人は、全体の1割もいないのでは

    ないかと推測しています。なぜならIKEAの魅力はプライスだからです。

    100円ショップより安いものも多いですし、デザインもいいからお買い得感が高いです。

     

    お店の構成も数量で人を圧倒し、迷路のようなブースを抜けると巨大倉庫の空間に到達し

    まるでアミューズメントパークにでもいるようなトリックを掛けられます。

    これでは、買い物したくなりますよね。リピーターにもなるでしょう。

     

    それと一品ものの民藝を比べても酷です。

    民藝の愛好者は”消費者”とは呼べないと思います。

     

    ”物語”を買っているのだと思います。

     

    ---------------------------------------

     

    please click

     

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM