<< (苦海)浄土 | main | ルイス・バラガンとマーク・ロスコ >>
2018.03.30 Friday

王宮

0

    メーカーで勤務していた頃、新製品を提案して社長に呼ばれたことがある。

     

    現場は仕事が詰まっていて1分も無駄にできない状況が続いていたが、

    抜け出て会議室に入った。

    現場の喧騒はそこにはなく、陽光が降り注ぐ円卓で新製品のプランを披露した。

    突っ込みも何もなく、緩やかで談笑する時間が過ぎた。

     

    プレゼンが終わったのでホールから自動ドアを通り現場に戻る。

    再び、そこには現実があった。慌しく機械が唸り声をあげ、係長が廊下を疾走していた。

     

     

    過去に世界には『四大文明』とも呼ばれる超大国が存在した。

    多くは王家がそれを治め、そこに富と権力が集中していた。

    一般大衆の多くは農民であり『民』と呼ばれ、『王』が『国土』と『民』を独占し所有した。

     

    『王』の下に『神官』『官僚』や『武人』が使え、『王』の親族が『貴族』となった。

    彼等が『王宮』を形成し、そこで”政治”や”神事”を執り行った。

    『王』と『民』とは、かけ離れた存在で『民の命』も軽く扱われたであろう。

     

    富と権力が集中すると人は神にでもなれる。

     

     

    時は現代。

    政治家は自分の都合のいいように”憲法”でも”法律”でも書き換えて、権力の維持を図る。

    北朝鮮でもロシアでも中国でも中東でもアフリカ大陸でも南北アメリカ大陸でも

    そして日本でも。

     

    共産主義でも民主主義でも権力者は同じことを考える。”思想”なんて関係ない。

    人権とか主権在民とか、中世よりは進歩したことはあるとは思う。

    しかし、男性原理は依然根強いし、主権が民にあることを権力者は教えようとしない。

     

    資本家も同じことを考える。富と権力を掌握するためにはだれでも蹴落とす。

    権力闘争は政界と大企業だけにある訳でなく中小企業にもある。

     

     

    政治家も資本家も軍人も『王宮』に暮らせば、その外の世界で火事が起きていても

    火の粉が『王宮』に舞い降りてこない限り、平穏無事な日常を1ミリもずらさないだろう。

    ゆっくり風呂に浸かり、テーブルの上の盛りだくさんの料理を食し酒を浴びる。

     

    外の世界で デモが繰り返されても テロを起きても ストが起きようとも

    餓死者が出ても 戦争が起っても『王宮』に入れば安全だと考えている。

    いよいよそこが危険になれば、トンネルでもヘリコプターでもタイムマシンでも使って

    逃げ切るつもりでいる。

     

     

    「 高き屋に登りて見れば煙立つ民のかまどはにぎはひにけり」・新古今集

     

    『帝王学』ってあるのだと思う。

    『王宮』の中枢にある者は、それを学ぶはずだ。

    『民』が生きてこそ『王が王』である絶対条件である。

     

     

     

    ---------------------------------

    please click

     

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM