<< 春は南から | main | 王宮 >>
2018.03.22 Thursday

(苦海)浄土

0

    作家・詩人の石牟礼道子さんの訃報を聞いてから幾日が立ったが、

    彼女の死後に多くの作家がその死を悼んでいる事実に

    改めて石牟礼さんの偉大さを思い知った。

     

    まともに読んだこともないし、遅すぎるね・・・・

     

    代表作「苦海浄土」は「チッソ」が引き起こした「水俣病」を描いているが、

    私には、その重いテーマについて行けなくて次第に離れてしまった。

     

     

    石牟礼さんを慕う作家が多いということは、音楽家でいう「ミュージシャンズ・ミュージシャン」の

    小説家バージョンで、同業に評価される作家であることが解る。

    池澤 夏樹・伊藤 比呂美・高橋 源一郎などなど実力者の名があがる。

     

    私のような者がその著作を理解できなくても、同業者に高く評価される作家が

    どれくらいのレベルの人物・作品かは容易に理解することができる。

     

    私がその域に近づく努力をすべきなのだ。

     

     

    水俣湾の美しくもあり苦しめもする「海」に一生を捧げる人々。

    水俣の海は、「浄土」であるという。

     

    解ったふりはできるけど、まだまだ理解が足らない・・・

     

     

     

     

    -----------------------------------------

    please click

     

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << April 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM