<< 卒業 | main | 春は南から >>
2018.03.10 Saturday

太陽光パネル

0

    以前は気持ちよくドライブできた山間地の農道沿いに『太陽光パネル』が一面に張られた。

    おぞましい姿だ。

     

    森を切り開き”裸”になった山肌に『太陽光パネル』を並べ建てている。

    (森だけでない。田んぼだったところ畑だったところに『太陽光パネル』を並べている)

     

    山には複数の持ち主がいて、その持ち主が何をやっても自由だという。

    材木を切り出すために山を皆伐(かいばつ)しても、だれも文句が言えない。

    多くはその後、植林するのだが『太陽光パネル』を設置するなら植林することはない。

     

    住居に隣接する森を皆伐し『太陽光パネル』を設置されても文句も言えない。

    (住居の周りには寒々とする空間が広がっている)

    しかし、これでいいのか?

     

    太陽光発電そのものは、「補助金」「売電」「転売」が目的化しており

    「原子力発電」の代替構想からそれが広がっている訳ではない。

     

    原発事故から「自然エネルギーへの転換」意識が芽生えたことはいいのだが、

    自然を破壊して「自然エネルギーへの転換」はないだろう。

     

    おまけに『太陽光パネル』の寿命は短く、いづれ大量の産業廃棄物が出る。

    ゴミになるのだ。(カドニウムが含まれているとも言われている)

     

     

    地球は奇跡の星だ。

    太陽との距離が絶妙なので暑過ぎず寒すぎず、そのため多くの水(海)を貯えることができ、

    プラズマや宇宙線からもちょうどよく守れらている。

    であるから生命が誕生したのだろう。

     

    この”絶妙”は人智を超えている。

     

    荒野を人は不毛の地と見る。本当にそうか。

    そこには多種の植物が生い茂り空気を浄化し、植物の下では様々な小動物が生まれ

    おのおの生命活動をしている。

    それは大地を豊かにする活動で、連動して他の生き物を生かしている。

     

    荒野には太陽の光りが必要だが、『太陽パネル』はそれを人間が横取りをすることになる。

    そうなれば大地は冷えて多くの生命が衰退するだろう。

     

    風は大気の循環運動だ。人体で血液が循環しなくては生命活動がままならないように

    地球には風が必要なのだ。それを『風力発電』のためと称して奪っていまっていいのか。

     

    『地熱』しかり『潮流』しかり・・・

     

    地球の生命活動に人間が手を加えることは許されない。

     

    だとしても、人間にはなんらかのエネルギーが必要であることは避けられない。

    『火力発電』や『水力発電(ダム)』は限界が見え初めているし、

    ましてや『原子力発電』では、マイナス要因が多すぎ、放射能は直接に生命を殺しかねない。

     

    どうしたらよかろうか・・・

     

     

    人間がなんらかの”縁”でこの星に誕生したからには、この星に生きることが許されているのだ

    と私は思う。そう考えるとこの星のエネルギーを使うことも許されていることになる。

     

    となれば、その使い方が問われているのではないか?

    むさぼることなく感謝して使えば、この星のエネルギーは尽きることがないのでは?

     

    我々人間は、他の生命を戴いて生きている。

    植物の生命を動物の生命を「お米・野菜・肉」として食べて、その生命を糧として

    自らの生命を生かしている。

     

    この法則は全ての生命に通ずる。

     

    殺して食べるので「いただきます」と言う。

    そして私もいつか他の生命に食べらるのが自然だろう。

    循環するのだ。

     

     

    過不足なくエネルギーを使うようにすれば、そのエネルギーは形を変え

    地球生命圏で永遠に巡るのではないか?

     

    「過不足」なく生きるあり方が問われているのだと、思う。

     

     

    ------------------------------------

     

    please click

     

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM