<< 花と蝶 | main | 情緒 >>
2017.06.23 Friday

マイス

0

    ”嵐”のメンバーの一人(大野君だったか・・)が毎日『ブリトー』を食べていると番組でメンバーが語っていたな。

    私も『ブリトー』が大好きです。

     

    米国のアリゾナ州に留学していたとき、メキシコ系アメリカ人の友人が、その料理を教えてくれた。

    スーパーに行けば、トウモロコシの粉でできた薄くて丸い『ブリトー』の”皮”が10枚入りで売っていて、

    それに挽肉を炒めて、生のトマトとレタス・チーズをいっしゅに包めば、おいしい『ブリトー』が完成。

    『チリビーンズ』をいっしょに炒めれば、さらにそれっぽくとマイウー。

     

    毎日食べてもよかったです。それくらい飽きない味でした。

     

    『タコス』も米国の国民食になりつつあったな。

    ”皮”が揚げてあって、そこにチリソースとチーズをかけるところがいいのだが、

    私は食べにくい料理だと思っていました。ボロボロこぼれるんで・・・・

     

    その後、メキシコへ旅をした。

     

    そこで知ったのだが、『ブリトー』も『タコス』もメキシコ北部の料理で、

    メキシコ料理とは、本国では認められていませんでした。

     

    それらは、アメリカナイズされたメキシコ料理です。

    本当のメキシコの文化の重心は、もっと南でそこの主食は『トルティーヤ』です。

    トウモロコシの粉で焼いたパンで、インドの『ナン』に似ているかな。

     

    この『トルティーヤ』の味がいいお店が”うまい料理店”と呼ばれるくらい

    味の基本と認められているんですね。日本人が『お米』の味にうるさいのと同じです。

     

    メキシコ人の食の基本ですが、お金持ちは『トルティーヤ』の真ん中の軟らかいところだけ

    食べて、後は捨ててしまう・・・という話があって、その題材が絵画にもなっています。

     

    メキシコには壁画運動という革命運動と連動していた芸術があり、

    その三大巨匠「オロスコ・リベラ・シケイロス」の一人が描いていたと思います。

     

    私が旅した頃に「ルフィーノ・タマヨ」っていう画家が有名でしたが、その方が

    描いていたかも知れない、不確かな記憶です。

    とにかく『トルティーヤ』の端を食べないっていう題材が強烈で忘れられないのでした。

     

    日本で食べる『トルティーヤ』は小麦っぽくてメキシコの味がしないなぁ。

    また、メキシコへ行きたいよ。

     

     

     

    ------------------------------

    please click

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

    ---------

     

     

     

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM