<< Who is Joseph Beuys? | main | ビバ・アメリカ! >>
2016.12.09 Friday

ニュー・ジャージィー

0

    ブルース・プスリングスティーンの伝記『ボーン・トゥ・ラン』を読んでます。

    彼はニュー・ジャジィー州の出身なんだ。

     

    20代前半、米国留学していたました。

    アリゾナ州にあるギター製作学校で全米各地から生徒が集まっていて、

    (そこに日本人とドイツ人も加わっていた)

    将来のギタークラフトマン(ルセアーと呼ぶ)を目指して学んでいました。

     

    生徒を見ていて

    広い米国、西海岸の人間は解放的で底抜けな人間が多いなぁ、と思ったり

    南部の人間は田舎っぽいなと感じを受けました。

    東海岸の人間はヨーロッパテイストを感じ、しっとりした部分があって

    日本人の感覚に近いようなニュアンスを受けました。

    (東部の人間はその教室にはいなかった)

     

    週末の土曜日になると「have a party」しよう と友達が寄って来ます。

    なにも特別なことをする訳でなく、仲間とビールを片手におしゃべりを愉しむのが

    「Party」だと知りました。こっちは『刑事コロンボ』を観ていましたから

    「Party」とはゴージャスな食事の社交界かと勘違いしてました。

     

    たまに挽肉を玉にして野外のグリルで焼いてパンに挿んだ「ハンバーガー」を

    ご馳走になりましたが、芸のない調理でした。残念ながら。

     

    泊まっていく友人もいました。

    マイケルはたびたび泊まっていたので勝手知ったる他人の部屋という感じで

    自由にしています。

     

    日曜日の朝、朝食を作りにキッチンに入ると

    マイケルとばったり。

    彼は目をまん丸に見開いて”びっくり”顔。

     

    口には丸いものをくわえています。

    なんとそれは、実家の名古屋から送られてきた『ゆかり』という”せんべい”でした。

    『ゆかり』は海老をつぶして焼き上げたシンプルな海老煎餅です。

     

    彼はニュージャージィー出身のイタリア系の家系で

    海鮮が大好物だったのです。

     

    いいよ、好きなだけ食べなよ。

     

    ブルース・スプリングスティーンもイタリア系のミックスチャ。

    『ゆかり』を送ったら気に入ってくれるかな?

     

     

    -----------------------------------------------

    please click

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

    Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

    SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recommend
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM