2018.12.04 Tuesday

日本の形

0

     

    人気番組『下町ロケット・ヤタガラス編』で描かれているテーマは「日本の農業の将来」に

    なっています。私は、農家の高齢化対策として農業トラクターを自動運転させることが

    日本の農業を救うことにはならないよ、と思いながらも番組は愉しみながら観ています。(お話は面白い)

     

    日本人の心は『お米』である、とは思っていますので、ここは作者の池井戸さんと考えが近い知れません。

    (番組からそんなメッセージを感じたもので)

     

     

    明治政府 が「士農工商 」を廃止するまで(その後も)日本の人口の85パーセントは百姓だったといいます。

    つまり、ほとんどの人が百姓だった訳で、『お米』が貨幣の代わりになるくらい重要な生産物でした。

     

    現在でもお米の自給率は90パーセント以上ありますが、日本人のお米離れが進んでいますので

    主食がお米から小麦やトウモロコシに代わっても困らないという人は、案外多いと思われます。

     

    それでは、「日本人の心は『お米』である」なんて思わなくなりますよね。

     

     

    日本人の『腸』が欧米人より長いのは、肉食よりも植物を多く摂取してきた結果ですが、

    縄文時代より野菜や米を栽培して来たのでそんな身体が形作られたのでしょう。

    その長い歴史がここに来て崩壊しようとしています。

     

    地方に住んでいるとよく解りますが、日本の農業は70歳以上の人間が支えている現実です。

    番組が訴えるのと同じ、「高齢化」でもう続けられないリミットがそこまで来ているのが

    解ります。

     

    つまり、「日本人の心は『お米』である」と感じる人が消滅しようとしているのです。

    日本人の85パーセント以上が『農』に関心がなくなる時代が到来します。

     

    これから日本人の『心』がどう変質して行くのか想像もつきませんね。

    おいしいお米が人々の心を動かすことができるでしょうか?

    お腹が空いてからでは心も身体が動かなくなりますよ。

     

     

    -----------------------------------------------

    Please click

     

    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

    ギター工房9notes/勝田進

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

     

     

     

     

     

     

     

     

    2018.11.20 Tuesday

    聖者の行進

    0

       

      中米のホンジュラスから米国へ向かって出発した『難民たちのキャラバン』。

      自由を求めての旅のように見えるが、貧困と不安定な治安ゆえそれを逃れるための行動だと理解する。

       

      労働者にストライキ権が認められているように、市民がデモをすることは市民の正当な権利である。

      発言権の弱い市民が、行政に訴える手段としてデモ行進することは、欧米では普通の感覚で、中米でもそうである。

       

      貧しい市民は歩くことでしか自らの意思を表現できないのだ。

       

      中米は米国の裏庭だと称される。米国が資本にものを言わせて中米各国の経済や政治を右往左往させて来た。

      米国は、いかに自国にとって有利か(グローバル会社にとって有利かと同意義)で各国を持て遊んだ歴史がある。

       

      なので、米国は難民を受け入れる義務があろう。(そうは認めないだろうが・・)

       

      米国は中米で農業や産業を育てる手助けを怠ったために不安定な政治が蔓延してしまったのだ。

      挙句の果てに「麻薬の輸出大国」に仕立ててしまう。 悪循環。

       

       

      日本も同じようなもの。長年行って来た発展途上国への”ODA(政府開発援助)”だって

      そのお金は回りに回って日本の企業や政治家に戻っている。

       

      相手を生かすお金の使い方をして来なかった。そうであれば、国と国の間に不平等・不均衡が起る。

      そのアンバランスを埋めるために人が流出し出す。

       

      今さらながら、与党と政府は「人出不足」だと言い「外国人労働者の受け入れ拡大」しようと

      破廉恥な法案をゴリ押しで通そうとする。

       

      そんなことをしていると、いつか難民が海を渡って日本に押し掛けるようになるぞ。

      モーゼのように海を割ってでもやって来るだろう。

       

       

       

      ----------------------------------------

      Please click

       

      お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

      ギター工房9notes/勝田進

      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

      ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2018.10.04 Thursday

      健康食品とマルチ商法

      0

         

        健康を害した人の不安に乗じて「病気がよくなる」と喧伝し、高額な『健康食品』を

        売りつける組織があるので、注意が必要だ。

         

        それが「ねずみ講」「マルチ商法」だったりして、口伝えで広まって行く。

        ターゲットになるのは、人を疑わないまじめな方で、マインドコントロールされてしまう人もいる。

         

        悲しいことだ。

         

        『健康食品』は『自然食品』と重なる部分も多く、まっとうな『自然食品』が迷惑してるよ。

        たしかに『自然食品』は一般的な食品より割り高感があるが、それは効率重視の世界にあって、

        『自然食品』は 生産するにおいて非効率になりがちだからだ。(手間がかかるのだ)

         

        その図式をうまく使い、「生老病死」の不安に怯える人々に高額な『健康食品』を

        買わせる、人を紹介させる、取りこんでる、そんな組織が大手を振って歩いている。

         

        うまいことを言って、にこやかに近づいて来る。

         

         

        ---------------------------------------

        Please click

         

        お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

        ギター工房9notes/勝田進

        ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

        ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2018.09.30 Sunday

        不自然食品

        0

           

          この星・地球が生んだ食べ物は、すべて自ずから生まれた『自然のもの』であって

          それ以外はないはずであったが、人間が化学合成した物質を作ってから、

          農薬や添加物・化学調味料の入っていないものを『自然食品』と呼んだりしている。

           

          でも本来は逆だよね。元からある食品以外は『不自然食品』と呼んだ方がいいと思う。

           

          農業従事者の負担を減らす名目で「農薬」が使われ、消費者も野菜に虫がいたりすると

          大騒ぎするようになった。でも虫も食べないような野菜は本来はおかしいのだよ。

           

          食品を大々的に流通させるようになると、途中で悪くならないように

          「防腐剤」を入れるようになる。また日持ちをよくしようと「防腐剤」を入れる。

           

          やすく販売するために、利益を多く取りたいために、安くて品質のよくない食材に

          「添加物」を交ぜて見栄えをよくする。あるいは味をごまかすために「化学調味料」を入れる。

           

          そんな化学物質まみれの食品が、普通の食品になってしまった。

           

          それ以外の食品を求めるには、有機や自然農の農家から野菜を入手するか、

          『自然食料品店』に行かないといけなくなった。先進国ではどこでもこうなのだろう。

           

          発展途上の国でも多くは農業国なので

          多国籍企業に農薬や化学肥料を売りつけられて農薬まみれだという。

           

          その結果、地球本来、各国本来の食品が消えつつある。

          でもね、それは自然の一部である私が消えつつあるのと同じ意味なんだ。

           

          世界中で『不自然食品』を腹いっぱい食べて、『健康食品』『ダイエット食品』をせっせと買う

          おかしな現象がおきている。

           

           

          ----------------------------------------------------

          Please click

           

          お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

          ギター工房9notes/勝田進

          ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

          ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

           

           

           

           

           

           

          2018.08.03 Friday

          在京キー

          0

             

            私にも首都圏に住む 身内や親戚も友達もたくさんいます。

            しかし、あえて言いたい。

             

            東京だけが日本じゃないんよ。

             

            今年前半、西日本が大変な被害を受けています。

            地震・水害・台風・・・・そして熱波

            江戸時代ならばこれが飢饉に繋がるような事態でしょう。

             

            『赤坂自民亭』の例だけでなく『報道各社』の番組編成にも

            在京ゆえの当事者意識の希薄を感じます。

             

            東京は、そんなに被害が出ていないのでピンとこないのです。

            せいぜい、熱海での高波にショックを受ける程度。

             

             

            フクシマは、ほどよく東京から離れていました。発電した多くの電気は

            首都圏に送られていたのにね。

             

            首都圏での放射性物質の拡散にも一部の人を除いて、無関心派が大多数を占めているのは、

            官僚やマスコミ関係の人々の危機意識がないからだと思います。

            自分や家族に危機が迫ったとは捉えなかったのでしょう。

             

            東京湾であの事故が起きたら、日本の国策は大きく変わったと思われます。

             

             

            一時期 ウワサされた”遷都”もしくは一部省庁の地方移転も

            地方創生のために是非再考していただきたい。政治に地方の視点は必要です。

             

            それが大ごとで無理なら報道機関代表「NHK」さんよ。

            東京を離れて京都にでも移転してはどうでしょうか?

            企業なら決断してできるはずです。

             

            それこそ「在京キー」として、いい報道ができるようになります。

            政治家とも距離が取れ、独自判断のバランスのよいニュースが流せるようになりますよ。 

             

            お考えください。

             

             

            ---------------------------------------

             

            please click

             

            9notes ホームページ

            ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

            homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

            「栃の耳付き材のテレキャス」販売


            にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2018.07.20 Friday

            IR

            0

               

              なんの頭文字かと思ったら、統合型リゾート「Integrated Resort」の略だそうで。

              「カジノ賭博場」というとヤクザっぽいから「IR」なんて言うのかな。

              却って怪しいのに・・・「IS」の友達みたいでしょ。

               

              国が国民の安心・安全を守ってくれるなんて信用するところから見直さなきゃね。

               

              賭博は人の人生を狂わすことは、偉い先生は皆ご承知でしょうから、それを

              災害復興よりも優先する理由がそこにあるのは、見え見えです。

               

              賭博の稼ぎの30パーセントが国に入るって美味しい話です。

              実際は、荒稼ぎしたお金が回りに回って、特定の代議士先生の関連事務所に

              こっそり入ってくる仕組みです。お役所だって手持ちのお金が増えれば

              天下り先になる関連会社を育てることができます。

              「IR」はお金がなる木です。

               

              平和を謳って「軍事産業」や「原子力発電所」に巨額の税金をつぎ込む理由も

              同じことですよね。

               

              簡単なことです。

               

              それを推進する代議士先生を選挙で落とすなんてできません。

              そういう先生ほど地元では対抗馬がないほど偉くて強い存在なんですから。

              それに巻かれて自分にもおこぼれが欲しい、のが正直なところです。

               

              昔から変わらない構造です。

               

               

              それを解ったうえ、それを正すために汗を流す人がたまにいるから美しい。

              ほんとうに美しい。顔ではないです。こころです。

               

              「AC」っていうのがありました。

              広告協議会「 Ad Council」(アド・カウンシル)。公共広告によって、

              国民の公共意識を高めることを目的に活動している民間団体です。

               

              「AC Japan」の映像にこころ打たれる人が多いのも本当ですね。

              人を疑うのも、人を信じるのも、その人次第です。

               

              わたしはどちらでしょうか?

               

               

              --------------------------------------

               

              please click

               

              9notes ホームページ

              ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

              homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

              「栃の耳付き材のテレキャス」販売


              にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              2018.07.06 Friday

              サムライなのか?

              0

                 

                ロシアワールドカップでサッカー日本代表は本当によく戦ってくれた。

                決勝トーナメントの後半ではベルギーに苦手なハイボールを放り込まれて、

                背の高い選手にフィニシュを決められてしまったが。

                 

                体格では日本人は欧州やアフリカ勢には劣るね。フィジカルの差がある。

                しかし、同じ背格好のメキシコなどが王者を苦しめる姿を見ていると

                サッカーは体格だけでないことが解る。

                 

                ところで、我が日本代表はユニフォームの色から「サムライ ブルー」と呼ばれているよね。

                シンボルからーがなぜ”ブルー”なのか、その理由は諸説あるらしいが、

                藍色は清々しくて見ていて気持ちがいいので好きだ。

                 

                でも、なぜ「サムライ」と付くのか?

                まぁ、試合で戦う選手を「侍」に見立てているのは、解るには解るが。

                 

                日本人は自分たちを勝手に「サムライ」の子孫だと思いたいきらいがある。

                「侍」はかっこいいのでそう名乗りたいのだ。でも実は多くの民は「百姓」なんだよね。

                実際は「ヒャクショウ」が戦っているのだ。

                 

                「ヒャクショウ・ブルー」

                こう書くとやっぱ少し違うか・・・

                 

                 

                映画監督黒澤明が「七人の侍」で描いたのは”したたかで生命力の強い百姓”だったと思う。

                最後のシーンで勘兵衛に「勝ったのはあの百姓たちだ、わしたちではない」と言わしめた。

                 

                日本らしい「ヒャクショウ」のサッカーを作ろうではないか。

                「百姓」が強いことを証明してやろう。

                 

                 

                 

                --------------------------------------------------------

                please click

                 

                9notes ホームページ

                ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2018.06.29 Friday

                水は高きところから低きところへ、最後は海へ。

                0

                  先の”G7"で「海洋プラスチック憲章」が提議され英やEU諸国は署名したが、

                  日本と米国は署名しなかった。

                   

                  国連によると毎年800万トンのプラスチックゴミが海で流出しているという。

                  日本も数万トンは出しているとか。

                   

                  3億トン以上がすでに海に蓄積していて、そのプラスチックが波に洗われ

                  マイクロプラスチックになると海の生物がそれを体内に取り込み

                  消化できず死に至っている。

                   

                  SNSで拡散された映像では、マイクロプラスチックのみならず

                  様々に人間が捨てたゴミを鯨や亀が食べて死んだ姿が映し出されていた。

                   

                  「海洋プラスチック憲章」は2030年までにすべてのプラスチックを再利用か

                  回収可能なものにする ことが謳われていた。

                  日本と米国はそれを自国の産業界に気をつかって蹴ったのだ。

                   

                  「食物連鎖」という言葉を使いたくはないが、いずれ(すでに)マイクロプラスチックは

                  人間の口に入って来るよ。それが遠因で病気になるに違いない。だってプラスチックは

                  石油製品だよ。それが体内でいい働きをする訳がない。

                   

                   

                  ゴミに海への流出は中国はじめ東南アジアが多いという。

                  経済成長している国から垂れ流しが起る。(日本でも水俣病の原因のチッソの水銀とかもそうだよね)

                   

                  若い頃、中米をローカルバスで旅した。

                  山間部のバスターミナル(といっても舗装していない道にバスが数台留っているだけだが)では

                  人がごった返していて、地元のおばちゃんがバスの窓から乗客へ食べ物を売っていた。

                   

                  その多くはビニール袋に入れられていた。乗客はビニール袋から調理された食べ物をほおばると

                  窓からそのビニール袋を捨てる。躊躇なく捨てる。

                  バスターミナルでは無数のビニール袋が風に舞うが、人々は気にした様子がない。

                   

                  ドキュメンタリー番組で観たアフリカでの風景でも、それと同じようなことが起っていた。

                  人々はバナナの皮を捨てるのと同じ感覚で、ビニール袋を捨てるという。

                  以前はモノをバナナの皮で包んで渡しでいたが、西洋文明が入って来て

                  バナナの皮がビニール袋になった。

                   

                  バナナの皮は朽ちて土に返るが、ビニール袋は土には返らない。

                   

                  米国のスラム街を清掃するグループの一員が語っていた。

                  「街を美しくするには”教育”が必要なんだ」と。

                  子供を学校にやって、教え育むことの大切さを説く。

                   

                  ゴミを川に流す人々がいる。

                  発展途上の国の人々が(いやいやこの日本でも)川にゴミを流す。

                  汚いモノを「水に流す」ということなのか・・・

                   

                  ダメだよ。すべての川は海に繋がっている。

                  海は無尽蔵の広がりがあるわけではないのだ。

                  「捨てた」ものは海の底に貯まる。または波に洗われてマイクロプラスチックになる。

                   

                   

                  生命は"海”から生まれた。

                  母なる海を汚したちゃならない。

                  ゴミだけでなく。油でも。化学物質でも。放射性物質でも・・・・

                   

                  天に向かってつばきを吐くような行為は、すぐにでも止めようよ。

                  我が国も「海洋プラスチック憲章」に署名して欲しい。

                   

                   

                  ---------------------------------------

                  please click

                   

                  9notes ホームページ

                  ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                  homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                  「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                  にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2018.05.25 Friday

                  五平餅とへぎ板

                  0

                     

                    NHKの連続テレビ小説「半分、青い。」の中で取り上げられて大評判になっている”五平餅”。

                    岐阜や信州で食べられる”携帯食(テイクアウト)”です。

                     

                    恵那にも「五平餅屋さん」が何軒もあって地元の人は「どこどこのが旨い」とご贔屓があったりします。

                    それがテレビの影響でどこのお店も大忙し。

                     

                    私も”五平餅”が大好きで、恵那駅前の「あまから本店」の”五平餅”がお勧めです。

                    ここのは一般的な「わらじ型」ではなく「団子型」です。やや平べったい団子が串に3個ついていて

                    タレの胡桃(くるみ)の風味が特徴です。

                     

                    「わらじ型」は上手に食べないと最後にポタリと残りが落ちたりすることがあるので注意。

                    その点「団子型」は食べやすく2本食べると量も丁度よくて、昼食にもってこいです。

                     

                    友人のお宅で”五平餅パーティー”に招かれることもあります。

                    ここのお宅は何代も続く古い家柄で、客人をもてなす”五平餅セット”が用意されています。

                    といっても簡単なもので横長の七輪と板で作った五平餅を置く台が有る程度ですが。

                     

                    大きな窯でご飯を炊いて、少しつぶして固まりやすくします。それを串状の”へぎ板”にひっつけるのです。

                    ここでナゼ”へぎ板”を使うのか説明すると、アイスキャンディーのようなのっぺりとした串では、

                    ご飯がすべって落ちやすくなるから、”へぎ板”を使うのです。

                     

                    ”へぎ板”が解らないですね。”へぐ”とは、板を繊維に沿って割ることを言います。

                    昔、ノコギリが普及する前、立ち木は斧で倒し、それをクサビで割って材にしました。

                    つまり木目が通って木目の沿って割れやすい材木が建築材になったのです。

                    この地方では針葉樹の杉や檜、広葉樹では栗がそれに適していました。

                     

                    建築には、柱材だけでなく板材も必要ですね。

                    丸太の輪切りを鉈(なた)のような刃物で”へいで”行きました。それが屋根材になったのです。

                    繊維が途切れていないので水が繊維に浸みこまず流れてくれるので、屋根材に使用可能な訳です。

                    栗材は水にも強いので、木曽地方では戦後すぐまで栗のへぎ板葺き屋根が見られたそうです。

                     

                    さて、”へぎ板”は材を切ったのではなく”裂いた”板なので、断面が毛羽立っています。

                    それでお米がくっつきやすく、落ち難いのです。これが”五平餅”に使われる理由です。

                     

                    ですが、一般的に売られている”五平餅”は木工機械で加工された薄板の串が使われているので

                    ときどきポタリと落ちる事故が起るのです。

                     

                    昔は樵(きこり)が山に入るときに、でっかい”五平餅”を弁当として持参して

                    山の中で火を熾(お)こして串をその周りに立てて焼き、温かい食事としたそうです。

                     

                    こんな食べ方が一番うまいだろうなぁ。

                    少しこげた味噌タレの匂いがたまらん!

                     

                     

                    ----------------------------------

                    please click

                     

                    9notes ホームページ

                    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                     

                     

                     

                     

                    2018.05.10 Thursday

                    火垂る(ほたる)の墓の時代

                    0

                      高畑 勲監督が亡くなって残念でしかたがないですが、

                      追悼番組で代表作として『火垂るの墓』を放映したことにエールを送りたいです。

                      (もっと無難な作品を選ぶことが多いと思ったから)

                       

                      そこまではいいとしても、なぜかこの映画の原作者が野坂昭如であることを

                      喧伝しなかったのか解らないです。原作がいいので映画もよかったと言えるのですが。

                      昭和の作家・野坂昭如は過去に追いやられてしまったのか。

                       

                      私は若い時に野坂氏のコメントに非常に影響を受けました。

                      「自分は臆病ものだから、言いたいことが言えるうちに政府に物申す」

                      こんなような主旨でした。

                       

                      いつか世の中に「言論統制」が掛かって政府や首相・軍に批判的なことを言ったり、

                      書いたりしたことで、警察にしょぴかれる日が来るかも知れません。

                      私はビビリで怖いものだから、そうならない現在に発言するようにしています。

                       

                      もっとも野坂氏も高畑氏も最後まで権力を恐れたりしないでしょう。

                       

                       

                      このところずっとNHKのニュースは政府寄りだと思います。

                      NHK内部では、報道部と社会部ではその考え方がずい分違うと聞きます。

                      (ニュースは報道部、社会部は健闘している)

                       

                      テレ朝だって「口を封じられた」報道が多いと感じます。

                      (報道ステーションのコメントはつっこみが甘い。もっと社会派のキャスターが必要だ)

                       

                      朝日新聞が頑張っているといいますが、東京新聞の望月記者のような人物が思い当たらないですね。

                      読売新聞はいつまでナベツネの顔色を伺っているのでしょう。ここも大本営発表みたいです。

                       

                      フクシマの被爆の現実はどうなっているのでしょう。

                      喉頭ガンの発生率はどうなんだろう?科学者・医者は真実を語って欲しいです。

                       

                      その他もろもろあり過ぎて 憂える日々です。

                      (官邸はウソをウソで固めシラを切るつもりなんだ。そして国会を解散してチャラにしようとしている)

                       

                       

                      関連ブログ・http://blog2.9notes.org/?eid=263

                      ------------------------------------

                      please click

                       

                      9notes ホームページ

                      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています

                      「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                       

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM