2017.06.23 Friday

maíz

0

    ”嵐”のメンバーの一人(大野君だったか・・)が毎日『ブリトー』を食べていると番組でメンバーが語っていたな。

    私も『ブリトー』が大好きです。

     

    米国のアリゾナ州に留学していたとき、メキシコ系アメリカ人の友人が、その料理を教えてくれた。

    スーパーに行けば、トウモロコシの粉でできた薄くて丸い『ブリトー』の”皮”が10枚入りで売っていて、

    それに挽肉を炒めて、生のトマトとレタス・チーズをいっしゅに包めば、おいしい『ブリトー』が完成。

    『チリビーンズ』をいっしょに炒めれば、さらにそれっぽくとマイウー。

     

    毎日食べてもよかったです。それくらい飽きない味でした。

     

    『タコス』も米国の国民食になりつつあったな。

    ”皮”が揚げてあって、そこにチリソースとチーズをかけるところがいいのだが、

    私は食べにくい料理だと思っていました。ボロボロこぼれるんで・・・・

     

    その後、メキシコへ旅をした。

     

    そこで知ったのだが、『ブリトー』も『タコス』もメキシコ北部の料理で、

    メキシコ料理とは、本国では認められていませんでした。

     

    それらは、アメリカナイズされたメキシコ料理です。

    本当のメキシコの文化の重心は、もっと南でそこの主食は『トルティーヤ』です。

    トウモロコシの粉で焼いたパンで、インドの『ナン』に似ているかな。

     

    この『トルティーヤ』の味がいいお店が”うまい料理店”と呼ばれるくらい

    味の基本と認められているんですね。日本人が『お米』の味にうるさいのと同じです。

     

    メキシコ人の食の基本ですが、お金持ちは『トルティーヤ』の真ん中の軟らかいところだけ

    食べて、後は捨ててしまう・・・という話があって、その題材が絵画にもなっています。

     

    メキシコには壁画運動という革命運動と連動していた芸術があり、

    その三大巨匠「オロスコ・リベラ・シケイロス」の一人が描いていたと思います。

     

    私が旅した頃に「ルフィーノ・タマヨ」っていう画家が有名でしたが、その方が

    描いていたかも知れない、不確かな記憶です。

    とにかく『トルティーヤ』の端を食べないっていう題材が強烈で忘れられないのでした。

     

    日本で食べる『トルティーヤ』は小麦っぽくてメキシコの味がしないなぁ。

    また、メキシコへ行きたいよ。

     

     

     

    ------------------------------

    please click

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

     

     

     

     

     

     

    ---------

     

     

     

     

     

     

    2017.06.16 Friday

    花と蝶

    0

       

      畑で夏野菜の世話をしている。

      暑いのでときどき手を止め、ぼんやりと小休止する。

       

      自然農の畑は、草々の中で野菜を育てるので

      夏の草が畑のあちこちで開花している。

      蝶がその蜜を求めて飛来する。

       

      花と蝶の図は見事だ。

      花が蝶なのか?蝶が花なのか?

      区別はもちろん付くのだが、その差が大きくない。

      植物と昆虫の差を感じさせないのだ。

       

      飛ぶ植物。

      開花する昆虫。

       

       

      自然界は一体の営みであることを感じて

      うれしい。

       

       

       

       

      ----------------------------------------

      please click

      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

      ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

      「栃の耳付き材のテレキャス」販売


      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

       

       

       

       

       

       

      ---------

       

       

       

       

       

       

       

      2017.06.08 Thursday

      字体

      0

        宛名をボールペンで書く。

        なんと下手な字なんだ、と毎回思う。

         

        それにしてもずい分 角ばった「字」だな。

         

        昔はこんな「字体」でなかったように思う。

        そういえば、これまで何度か「字体」を意識して変えて来た。

         

        一番多く変化していたのは、学生のときだろう。

        毎日ノートにせっせと「字」を書いていたのだから、ときどき気分転換に

        「字体」を変えて変化を愉しんだ記憶がある。

         

        4コマ漫画の「ふきだし」は手書きが多かったので影響を受けたなぁ。

        友人の「字体」にも知らず知らず影響を受けたか。

         

        「ひらがな」や「漢字」だけでなく「アラビア数字」もそう。

        一生懸命、かっこいい「字体」を探していた。

         

        しかし、昨今はパソコンで文字を書くことが多いので

        手書きの文字を

        どうのこうの考えることは極端に減った。

         

        たしかに「フォント」にこだわる癖はまだ残っているが、

        手書きの「字体」を意識するのは、宛名書きのときぐらいになってしまった。

         

        でも、「いい字」を書いてみたい欲求はまだある。

         

         

        良寛さんの文字のうつくしさには、うっとりしてしまいます。

         

         

        ---------------------------------------

        please click

        ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

        ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

        「栃の耳付き材のテレキャス」販売


        にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

         

         

         

         

         

         

        -----------------------

         

         

         

        2017.06.03 Saturday

        視点

        0

           

          普段立って仕事することが多いが、

          ギターの配線では椅子に座って仕事する。

          カンナの刃を研ぐときは、床に腰を落としてやる。

           

          たまたま、子供用の椅子を仕事場に持ち込んで

          床に置いたダンボール箱の中身を整理していた。

           

          ふと見上げると、

          それは 立っている時とも、座っている時とも、しゃがんでいる時とも

          違った世界が立ち上がっていた。

           

          わずか床から30センチ上がっただけなのに

          それは別世界のような感覚だった。

           

          *

           

          世の中もそうではないか?

          少し視点が変われば、解決できる問題があるんじゃないか?

           

           

           

           

          ------------------------------

          please click

          ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

          ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

          「栃の耳付き材のテレキャス」販売


          にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

           

           

           

           

           

           

          -----------------------

           

          2017.05.25 Thursday

          新しい思想を

          0

             

             

            世界は混乱している。

            トランプ政権が生まれたり、フランスで極右勢力が躍進したり

            ごり押しの安倍政権にマスメディアが沈黙したり、中東の火薬庫が燻ったり

            どの国も戦闘準備に入ろうとしている感じだ。

             

            第二次世界大戦の前後から「資本主義」と「社会主義」のつばぜり合いが

            起きていたが、どの国も自国の民を治めるため「本音と建前」を使い分けて来た。

             

             

            子供は、正しいことを察知する。

            正確には、大人の「良心」が子供に正しいことを学ばせよう願う気持ちが、それを生む。

             

            あかんぼの眼に濁りはない。

             

             

            政治的「保守」を考えると、伝統の重きを置き 秩序を守る勢力を差すと言える。

            鎮守の森に頭を垂れることも忘れない。

             

            私は、「環境派」なので「保守」かも知れない。経済を優先して海や森を切り開いたり

            するのは嫌だ。また国土をいっぺんに失う可能性のある原子力にも賛成しない。

             

            ある学者は、「保守」と「環境派」は親和性があるという説を唱えたが「なるほど」と頷いた。

             

            ただ、原子力や経済優先の政治には抵抗感があるので、自民党支持にはならない。

            となると一概に「保守」とは呼べない。

             

             

            先進国の民は、栄養状態も良く衛生面も進み医療も発達して長生きになった。

            人口の比率に占める高齢者の割合が高い。

            若者の未来を先食いしている感がする。

             

            発展途上の国は、政治が安定せず政情不安で治安が悪い傾向になっている。

            富が偏り国民の多くが飢え、安定しないので農業にも力をそそげない。

            子供たちは痩せている。

             

             

            すぐにでも 新しい「思想」が必要だ。

            特に世界の若者が希望が持てる「思想」が。

             

            「右」でも「左」でもなく

            人が「希望」を持って生きられる「思想」が。

             

            もうすでにそれが萌芽しているだろう。

            私はそう信じる。

             

             

             

            -------------------------------------------------

            please click

            ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

            ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

            「栃の耳付き材のテレキャス」販売


            にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

             

             

             

             

             

             

            -----------------------

             

            2017.05.18 Thursday

            本物

            0

              恵那・中津川には和菓子屋が多い。

               

              現代は「栗」菓子が有名だから そういうお店が繁盛するのだろう。

              しかし、伝統的に多かったようだ。

              苗木藩のご城下であり中山道の宿場だったからだろう。

               

              先日、中津川の本店から暖簾分けされた恵那の名店に『柚子のゼリーよせ』を買いに行った。

              キャラメルぐらいの大きさで小さな箱に20個ほど入っている。

              お値段も手頃で、とても『柚子』の味がして、甘くてさわやかな味がお気に入りだ。

              (実は母がお土産屋で見つけて、初めて食べてそのおいしさを知った。

              地元銘菓はなかなか家使いで買わないので)

               

              贈り物として数個を注文した。

              あまりたくさん作っていないようで、取り置きしてもらうように頼んで

              宅配便の手続きをした。

               

              いい和菓子屋はたいてい、数奇屋つくりがされている。

              「茶道」の関係からだろう。

              伝票をもらう間に、店内を観たり、生け花や道具を眺める。

              いいしつらいを観るのは目の保養になるんだ。

               

              窓ぎわにケヤキの一枚板の「框(かまち)板」があった。

              さすが、いい杢目の良材だ。

               

              「あれ・・・・・・・?」

              「これは本物の一枚でないな。”付き板”が張ってある偽物だぞ」

              ケヤキは小僧の頃からさんざん扱ってきた材木だから、その質感は一目で解る。

               

              ケヤキをカンナで仕上げるには、よく切れる刃物と調整されたカンナ台がいる。

              逆目が強いので、それを止める技量も必要だ。

              私は両逆(りょうざか・どちらから削っても逆目の出る板)を止めるワザで、家具屋時代は

              飯を喰って来た。だからケヤキの仕事を見ると熱が入ってしまうのだ。

               

              ”付き板”が悪い訳ではない。これだって”プリント”に比べればりっぱなものだ。

              でもなぁ・・・名店は本物にこだわって欲しいかったよ。

               

              見る人が見れば解ってしまうのだから。

              味だって、そうだろ?

              本物の味を知ってこそ、いい御菓子・いい料理が作れるんじゃないのかな?

               

               

              ----------------------------------------

               

              please click

              ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

              ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

              「栃の耳付き材のテレキャス」販売


              にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

               

               

               

               

               

               

              -----------------------

               

               

              2017.05.11 Thursday

              全粒粉

              0

                このビスケットを初めて食べたのは、中学生の頃だったっけ?高校生だったか、

                不確かだが、衝撃的だった。

                 

                そのビスケットの名は「マクビティ・ミルクチョコレート・ビスケット」。

                 

                あまりにも今まで食べていたビスケットと違った。

                英国のかほりがした。憧憬。

                 

                それまで食べていたビスケットと言えば、「森永のマリービスケット」か「チョイス」「ビスコ」

                もしくは「日進のココナッツサブレ」、ローカルな「しるこサンド」ぐらいしか知らなかったから、

                この「マクビティ」の味は未体験ゾーンだった。

                 

                甘いのに塩っぱい、それにガサガサしている。

                そのガサガサした食感にチョコレートがまとわりついて

                得たいのしれない感じがしたのだ。

                 

                そして、旨い!!! こんなうまいもの初めてだぁ!!!

                お母さん「また買って来てください」と心の中で叫んでたよ。

                 

                ここで知った初めての”食感”の素は「全粒粉(ぜんりゅうふん)」。

                小麦の表皮、胚芽、胚乳をすべて粉にしたもので、いわゆる「黒パン」。

                 

                ハイジがロテッテンマイヤー女史の目を盗んでタンスに隠していた「白パン」

                とは違い、昔は庶民の食べ物の一種だった。

                 

                「白パン」は小麦粉から「表皮、胚芽、胚乳」を取り除いた白い粉から作ったもので

                ちょっと”おしゃれ”なパンだったのね。

                 

                さてさて、その時に知った「全粒粉」のおいしさは、20代後半に「天然酵母パン」の

                おいしさ開眼に繋がっていった。

                 

                田舎では「全粒粉の天然酵母パン」は好まれない。

                ”おしゃれ”じゃない。”粗野”な感じがする。もっと都会的な雰囲気の「白パン」がいい、と

                知らず知らず田舎ではそう思ってしまっているのだ。

                (ペーターのおばあさんは、歯が悪かったのか、咀嚼に優れる「白パン」を欲した)

                 

                だから、田舎でこっそり食べる「マクビティ・ミルクチョコレート・ビスケット」は

                異国情緒を感じる”田園食品”なのだ。

                 

                (「田舎」を「田園」と言い換えるのは素敵なアイデアだと、我ながら感じ入っている)

                 

                 

                ---------------------------------------

                please click

                ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                 

                -----------------------

                 

                 

                 

                 

                2017.05.05 Friday

                祖国

                0

                   

                   

                  サッカー中継の後たまたま付けいたテレビで「ミュシャ」の特集をやっていた。

                  ふーん「ミュシャ」か、アールヌーボーのポスター画家だな、と軽く思っていたが違った。

                   

                  パリで成功した後、突然故郷のチェコに帰って「スラブ叙事詩」なる連作をアトリエにこもって

                  描いていたそうな。

                   

                  村人をモデルに登場人物を描きスラブ民族の出自をテーマにした。下図には写真も使ったそうだが、

                  彼の持ち味のデッサン力がモデルと構図を引き立てたことは間違いない。

                  (デッサン力はポスター書きのときにもその威力を発揮したいた)

                   

                  「スラブ叙事詩」はどれも大作で、それを完成させるには精神力と忍耐力が求められただろう。

                  ミュシャにはそれがあったのだ。彼は描き続けていたが、途中でゲシュタポに捕らえられてしまい

                  最後の絵は未完のままになっていた。

                   

                  以上のことを番組内で”多部未華子”がナビゲーターになってレポートしていた。

                   

                  音楽家「スメタナ」の「わが祖国」が通奏低音のように効いていたな。

                  https://www.youtube.com/watch?v=2Sp4JyDNNr8

                   

                   

                  「マッチ擦るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや」寺山修司

                   

                  わが祖国もピンチではないか?

                  放射能汚染は収まるどころでない。

                  自由な意見も政府に気にくわなければ捕まえることができる法律を作ろうとしている。

                  外交に力を入れる前に軍事力を増強しようとしている。

                   

                  祖国の実相は、国体でなく国民である。

                   

                   

                  ------------------------------------

                  please click

                  ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                  ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                  「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                  にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                   

                  ------------------------

                  2017.04.28 Friday

                  松岡正剛×水曜日のカンパネラ

                  0

                    Eテレで『松岡正剛×水曜日のカンパネラ(コムアイ)』の対談があった。

                     

                    私はコムアイが歌っている姿をたまたま『Mステ(ミュージック・ステーション)』で観たことがあったが

                    そのときは面白く感じなかった。ただ彼女は「シンガー」というより「パフォーマー」だなぁと感じた。

                    (私も元パフォーマーだから・・その直感より)

                     

                    そのコムアイをあの松岡正剛のご指名で対談すると言うこの番組、観なくては。

                     

                    松岡正剛は、「編集工学」という独自理論を打ち立てた思想家だが、かつて『工作舎』という出版社で

                    『遊』という伝説の雑誌などを出版していた。(90年代には平凡社の『太陽』や文化出版局の『銀花』など

                    ビジュアルと独創的な企画で勝負していた雑誌が数冊あった。ポーラ化粧品から『is』っていうのもあったなぁ)

                     

                    工作舎のベストセラーはレオ・レオーニの『平行植物』かな。レオ・レオーニは絵本『スイミー』が有名。

                    松岡はそこの編集者で、そこからいい書き手が生まれて行った。

                     

                    http://9notes2.jugem.jp/?eid=103

                    http://9notes2.jugem.jp/?eid=347

                     

                    この対談で印象的だったのは、松岡がコムアイの言葉の展開のスピードが速いことを

                    絶賛していたこと。

                     

                    カットアップ的な手法で、脳のイメージと実際に口から発す言葉の時間的な差を

                    縮めたことを自身の体験をもとに解説していた。言葉はイメージより遅れがちだからね。

                     

                    百戦錬磨の言葉のプロが若手のアーティストに刺激を受けたのだ。

                     

                    また、70代のお爺さんが20代の女の子と対談できるってことが、私には新鮮に映ったが、

                    感性が古びなければ、いつまでもトッポイ男でいられるものだと思った。

                     

                    ところで『水カン』こと『水曜日のカンパネラ』だが、『カンパネラ』は宮澤賢治の『銀河鉄道の夜』から

                    取ったと推測してるが、『水曜日」は何だろう?

                     

                    この名がユニット名とは知らなかった・・・・そうなんだ・・・

                     

                     

                    ------------------------------------

                    please click

                    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                    ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                    Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

                    SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

                    「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                    にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                     

                    ------------------------

                     

                    2017.04.21 Friday

                    山山山

                    0

                       

                      「般若は般若にあらず、ゆえに般若である」とは、なんじゃらほい。

                      別段「般若」のところがなんだっていい。

                       

                      「山は山にあらず、ゆえに山である」

                      「海は海にあらず、ゆえに海である」

                       

                      「業(ごう)は業にならず、ゆえに業である」

                      転じて「業の業だるゆえんは、業でないからである」となり、

                      さらに「業がそのまま非業である」となるという。

                       

                      むずかしいが、すごいことだと感じます。

                      理解できていないが、スゴイ!

                       

                      鈴木 大拙は

                      「業を業だとまともにみればよいのです。すなわち業といっているものは、

                      その実、業でもなんでもないのだということになればよいのです」

                      と書いています。

                       

                      「業」を「原罪」にすればキリスト教の問題も解決してくれます。

                      これで日曜学校に通って来ただけの”半”キリスト教信者は

                      長年の課題を解決できたように感じ安堵しました。

                       

                       

                      これを「霊性的直感」というのだそうです。

                       

                       

                       

                       

                      --------------------------------------------

                      please click

                      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                      ギター工房9notes HPへどうぞ homeで”ほぼ日”つぶやいています

                      Guo Yulong ダブルトップ・クラシギターの受注販売受付中

                      SINOMAN シノマン のクラシックギター受注販売

                      「栃の耳付き材のテレキャス」販売


                      にほんブログ村 FC2 Blog Ranking 

                       

                      ------------------------

                       

                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM