2020.02.20 Thursday

傷寒論から思う

0

    「似た現象に思える」こう思う方が世界中にいることでしょう。

     

    それは「傷寒論」の条文に書かれた内容のことです。

    (正確には「傷寒雑病論」。「傷寒論」と「金匱要略」2冊からなる)

    (日本では漢方の原点となる著書。漢方は日本的な呼び名)

     

    約2千年前に著された病気治しの本です。(この本は西洋の「聖書」に対して東洋のベストセラーです)

     

    この著者、張仲景(ちょうちゅうけい)は、今の中国の湖南省の知事みたいな方で

    揚子江地方にあった伝統医療を体系化しました。

    あらゆる病気治しがその本の中にあると言われています。

     

    その序文の中でこの本を著した理由をこう述べています。

     

    「余の一族は、もともと二百にあまるほどあったが、建安元年から十年もたたないのに、

    死亡する者が三分の二にも達した。その中で十中の七は傷寒にかかって死んだ。

     

    その昔、死亡者の続出したことや、年若くしてむなしく死んでゆくのを救う手段のなかったことを嘆じ、

    こんなことではいけないと、そこで真剣になって。古人の訓(おしえ)を探し求め、

    諸種の薬方を採り集めて、傷寒卒病論を著した。」

     

    (大塚敬節 ・臨床応用 傷寒論解説より)

    「傷寒」とは急性病のことです。

     

    この条文と現在流行している新型コロナウイルスとの類似性を指摘する人が、

    中国本土はじめこの本の恩恵を受けたアジア各地にいることでしょう。

     

    「武漢」は、湖北省にあり張仲景がいた湖南省の隣にあたります。

    新型コロナウイルスはこの地方の風土病ではないでしょうか?

     

    そうであれば(そうでなくても)「傷寒論」の中の処方で十分対応できるはずです。

    急性病つまり風邪(空気にのって感染)の処方を陰陽虚実に応じて処方すればいいのでは?

     

    今のような医療体制ができる以前から人間は病気を根本から治すことができたのです。

    湖南省でも同じような歴史が連なっていたはずです。

    (きっとそう治療している医者がいると信じる)

     

     

    -----------------------------

    スマートフォンでご覧の方は、

    トップページの『menu』をクリックしてください。

    ほかのページもご覧頂けます。

     

     

    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  

    または 080-2660-2284

    ギター工房9notes/勝田進

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

     

     

    NINJA TOOLS

     

    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

     

    #ギター修理#修理専門店#リペア・カスタム@9notes guitars#custom

    #guitar#Remodeling guiter#リペア工房#岐阜県#JAPAN

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    2020.01.24 Friday

    サンデーモーニング

    0

      新聞のテレビ欄に「視聴率ランキング」なるものが出ます。

      なにげに見ていたら、その中に『サンデーモーニング』がランクインされていた。

      これには驚いたよ。

       

      大抵は話題のドラマかスポーツ、もしくは連ドラが入ってくるもので

      その他は、だれもが知ってるバラエティー番組が常連。

      その間に硬派のこの番組があるっていったい何?

       

      日曜朝はほかに番組ないからなぁ・・・と思いきや

      どの局もニュースバラエティかワイドショーが目白押しの時間帯。

       

      皆がこれを選んで観ていることがわかります。

       

      私もFacebookでたびたびこの番組を取り上げられているのを知って

      観るようになった口で、すぐにファンになりました。

       

      関口宏キャスターにポピュラリティーがあるから優しい切り口に見えるけど、

      コメンテーター陣が充実して鋭く時流を解説してくれ見がいがあるね。

      特に若手が頑張っています。

       

      フォトジャーナリストの安田菜津紀、女子高生サポートセンター代表の仁藤 夢乃、

      荻上チキなどなど勉強しているなぁと感心しています。

       

      ただ、日曜日くらいゆっくり起きたい気分でそれが唯一マイナスポイント。

      土曜日の朝のNHKFMのピーター・バラカンの番組もそう。

      『ウイークエンドサンシャイン』は7時半からで『サンデーモーニング』は8時からです。

       

      『報道ステーション』も『NEWS23』もアナウンサーだけでは、時流に深く切り込めてないよ。

      視聴者は、筑紫哲也クラスのキャスターを求めています。

       

       

       

      ----------------------------------

      Please click

       

      お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

      9notes ホームページ

      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

       

      *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2019.12.31 Tuesday

      2019年を振り返って

      0

         

        【2019年を振り返って】

         

        コラム欄をずいぶんお休みさせていただきました。

        ほんの少しだけのつもりだったのですが・・・・

         

        きっかけは、ロシアからと思われるスパムがひどいのと

        書かなくても検索数が変わらないのが解ったこと。

         

        それと、少しきつめに書いたコラムを読む人が多いのが解って。

        自分ではあまりできのよくないコラムだと思っているんですよ。

        それが、読まれるのは複雑な心境ですね。

         

        また、この欄をぼちぼち書こうとは思っています。

        書きたいことも、少しは溜まってきたので。

         

        だれか書かないかなぁ、と思っていることがあって

        でも、だれも書いてくれないし・・・

         

        ぼちぼち行きますよ。

        (ぼちぼちっていい言葉だぁ)

         

         

        2020年、意味のある年になりますように。

         

         

        ------------------------------------------

        Please click

         

        お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

        9notes ホームページ

        ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

        homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

         

        *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

         

         

         

         

         

        2019.07.12 Friday

        新宝島

        0

          ”サカナクション”などまったく興味なかったのだけど、

           

          山口一郎がラジオのパーソナリティをやってる関係で

           

          なんとなく聴くようになったら、

           

          シンパシーを感じるようになってた。

           

          新アルバムをリリース予定を歌詞が書けないからと

           

          延期したそうだ。

           

          うーん。

           

          わかるところがある・・・・

           

          (延期した勇気に乾杯)

           

           

           

          https://www.youtube.com/watch?v=LIlZCmETvsY

           

           

           

          ------------------------

          Please click

           

          お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

          9notes ホームページ

          ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

          homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

           

          *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

           

           

           

           

           

           

           

           

          2019.07.07 Sunday

          コンドルのジョーの奇跡

          0

            どこの世界でも『ガンダム』人気が凄いですね。

            ファンは皆マニアックでストーリーだけでなく細部まで詳しい。

             

            しかし!

            私はどうもいただけない。

            『ガッチャマン』はどうしたといいたい!

             

            『科学忍者隊ガッチャマン』は『ガンダム』を凌ぐ内容だったではないか。

            いや、そこは『ガンダム』にも敬意を表して

            『科学忍者隊ガッチャマン』は『ガンダム』と同等のレベルだたっといいたい。

            『科学忍者隊ガッチャマン』はすごいのだ。

             

            『科学忍者隊ガッチャマン』はタツノコプロが製作したアニメで、

            地球制服をもくろむ「総裁X」とその組織ギャラクター総裁『ベルク・カッツェ』が

            G1号から5号までの少年・少女で結成された科学忍者隊・ガッチャマンと戦う話である。

             

            毎回、キャラクター溢れるメカが登場して子供心にもワクワクさせてくれた。

            同プロダクションのほかのシリーズ『タイムボカン』も基本的に同じ路線だったよね。

             

            私はリーダーの『大鷲のケン』よりも『コンドルのジョー』好きだった。

            大人びた言動が魅力だったね。

             

            『コンドルのジョー』が白眉であったその頂点は、最終回においてで、

            地球爆破を爆破しようとする『総裁X』の基地に潜入した手負いの『ジョー』が

            最後の力を振り絞って投げた手裏剣が敵の機械の歯車を狂わせて地球を救うラストシーンだ。

             

            私はこの場面を何度も思い出す。

            そして、こう考えることにした。

             

            「他人には一見無駄のように見える行為でも、回りまわってこの世界を救うことになるかも

            知れないのだ。心のこもった行為はときにそういう奇跡も生むのだ。

            そんな現象を『コンドルのジョーの奇跡』と呼んで胸に刻もう」と。

             

            そんな教訓をも生んだ『科学忍者隊ガッチャマン』は偉大なり。

             

            ------------------------------------

            Please click

             

            お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

            9notes ホームページ

            ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

            homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

             

            NINJA TOOLS

            NINJA TOOLS

            NINJA TOOLS

            NINJA TOOLS

            *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

             

             

             

             

            2019.07.02 Tuesday

            ホタル

            0

              亡くなった高畑勲監督を回想するときに、かならずあげられる『火垂るの墓』。

              記憶に残る美しいシーンは乱舞する蛍でした。(一方、焼夷弾だという話もありました)

               

              とはいえ映画ラストのシーズンは今頃(6月末から7月はじめ)でしょうね。

              蛍の季節といえば、夏本番のちょっと前で蝉が鳴く前のわずかなときです。

               

               

              ウチの前の小川にも蛍がいます。縁側から点滅が見えます。

              でも、ここ数年川辺まで降りて行って眺めたりはしなくなりました。

              一人で観てもきれいなはずですが、ややわびしさも感じたりするからです。

               

              子供の歓喜の声と相まって観る蛍は、格別なことを知ってしまったからでしょうか。

               

               

              美しさを感じるこころを”情緒”と呼びます。

              蛍の光をエネルギーと見る理性とは対極の感覚です。

              それが、あるゆえ人間は感動をおぼえるのです。

               

               

              -------------------------------

              Please click

               

              お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

              9notes ホームページ

              ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

              homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

               

              NINJA TOOLS

              NINJA TOOLS

              NINJA TOOLS

              NINJA TOOLS

              *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

               

               

               

               

               

               

              2019.06.28 Friday

              独立

              0

                はじめて『独立』したのは、34歳のときだった。

                 

                恵那に移住して働きだした木工屋の社長がアル中でとんでもない経営をしていたので、

                この社長が木工会社をやれるぐらいならば、もろもろ差し引きしても自分の方が”まとも”と言えるだろう。

                だから自分でもやれるんじゃないか?と、その社長を”半面教師”として『木工』で独立した。

                 

                しかし、資本もなしに独立したので2年間は本当に喰えなかった。

                製材所の切り落としの材木をトラック一ぱい格安で買って、使えるところより分けつつ

                つてでもらった仕事で利益の出ない価格の家具を一点一点作っていった。

                 

                木工機械もそろっていなかったので、仕事でお金が入るとひとつ機械を買うという状態が数年続いた。

                そのうち近くの職人さんが自分の工場を使ってもいいぞ、と言葉をかけてくださったので

                そこの大型2層の木工機械を使わせてもらい仕事を続けた。

                 

                材木は生木の状態で買うとそんなに高くないが、乾燥するまで数年待たなくてはならない。

                仕事ではすぐつかえる材木が必要だった。乾燥材を扱う業者との出会いで仕事は回るようになったが、

                乾燥済みの割高材では利益はわずかだった。

                 

                自転車操業で11年『木工家具工房』を運営したが、最後となった『新作家具展示会』が不振で

                自転車が倒れて前に進めなくなってしまった。

                 

                仕方ないので一旦避難するかと思っていたときに、近隣のギターメーカーが従業員の募集を

                していると聞いたのでダメ元で応募したら採用されたので驚いた。

                45歳で採るとは思わなかったが、かつてギター業界にいたのが幸いしたのだろう。

                 

                そのときはまだ工芸のグループ展やバックオーダーを抱えていたので2年間は会社勤めと

                自宅の工房での製作で日々おおわらわだった。

                 

                大きな会社勤めははじめてだったので、働くにあたって目標を立てた。

                「3年で大きなプロジェクトを実現しよう」と。

                個人経営の工房では、プランがあっても資金がなくてできないことがたくさんあった。

                なので、勤めではそれを実現してみたいと思ったのだ。メーカーだからこそできることもある。

                 

                3年間でいくつかのプランを提出したが、「面白い」とは言われてもそれを実際に任せてもらえる

                ことはなかった。ならば自力でそれを実現するか、と再び『独立』モードに入った。

                そのタイミングでかつて働いていたギターリペア工房の親父さんが引退された。

                そこの工房へ入門するときの条件は「俺が引退するまでは中部圏で独立しないこと」。

                 

                これでギター修理工房として『独立』が可能になった。

                リーマンショック後は木工家具や工芸を扱うギャラリーや購買層がぐっと減っていた。

                迷うことなく独立には『ギター修理工房』を選んだ。

                 

                と言ってもこんな田舎で修理屋を営んでいけるだろうか?

                どうすればやっていけるか経営の柱を練ってみた。

                 

                ひとつはメーカーで実現できなかったプランを自力で開発すること。

                もう一つは『乾燥』技術を確立すること。

                この二つの完成が田舎で『ギター修理工房』を開く自分なりの条件となった。

                 

                会社をすぐに辞めることなく2年間勤めながら試作と実験を繰り返し、

                それらのプランの目途がたったところで2回目の『独立』と相成った。

                 

                これでめでたしめでたしとはならない。

                また苦しい自転車操業が始まったのだ。

                だけどしょうがない。そういうことを選ぶ性格なんだよね。

                 

                教訓 「資本のない物は独立しない方がいい。それでもやるものは馬鹿者だ」

                ・・・「馬鹿は死ななきゃ治らない」

                 

                ---------------------------------------

                Please click

                 

                お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

                9notes ホームページ

                ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

                 

                NINJA TOOLS

                NINJA TOOLS

                NINJA TOOLS

                NINJA TOOLS

                *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

                 

                 

                 

                 

                2019.06.23 Sunday

                純粋なこころ(2019年沖縄全戦没者追悼式での詩の朗読から)

                0

                  小学生の純粋な心に頭が下がる。

                  一方、大人は本音と建前をうまく使い分けることができる種族だ。

                  その種族は絶えず”現実”という名の下にひれ伏しているざまだ。

                   

                  小学生の純粋な心の前にするとその種族の一人・私は恥ずかしいと感じる。

                  すみません。あなたの言うことが正しいと思います・・・・

                   

                  -------------------------------------

                  沖縄全戦没者追悼式・平和の詩「本当の幸せ」から (2019年6月23日) 

                   

                  ”本当の幸せ”

                  糸満市立兼城小学校6年 山内玲奈

                   

                  青くきれいな海
                  この海は
                  どんな景色を見たのだろうか
                  爆弾が何発も打ち込まれ
                  ほのおで包まれた町
                  そんな沖縄を見たのではないだろうか

                  緑あふれる大地
                  この大地は
                  どんな声を聞いたのだろうか
                  けたたましい爆音
                  泣き叫ぶ幼子
                  兵士の声や銃声が入り乱れた戦場
                  そんな沖縄を聞いたのだろうか

                  青く澄みわたる空
                  この空は
                  どんなことを思ったのだろうか
                  緑が消え町が消え希望の光を失った島
                  体が震え心も震えた
                  いくつもの尊い命が奪われたことを知り
                  そんな沖縄に涙したのだろうか

                  平成時代
                  私はこの世に生まれた
                  青くきれいな海
                  緑あふれる大地
                  青く澄みわたる空しか知らない私
                  海や大地や空が七十四年前
                  何を見て
                  何を聞き
                  何を思ったのか
                  知らない世代が増えている
                  体験したことはなくとも
                  戦争の悲さんさを
                  決して繰り返してはいけないことを
                  伝え継いでいくことは
                  今に生きる私たちの使命だ
                  二度と悲しい涙を流さないために
                  この島がこの国がこの世界が
                  幸せであるように

                  お金持ちになることや
                  有名になることが
                  幸せではない
                  家族と友達と笑い合える毎日こそが
                  本当の幸せだ
                  未来に夢を持つことこそが
                  最高の幸せだ

                  「命どぅ宝」
                  生きているから笑い合える
                  生きているから未来がある

                  令和時代
                  明日への希望を願う新しい時代が始まった
                  この幸せをいつまでも

                   

                   

                  -------------------------------------

                  Please click

                   

                  お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

                  9notes ホームページ

                  ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                  homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

                   

                  NINJA TOOLS

                  NINJA TOOLS

                  NINJA TOOLS

                  NINJA TOOLS

                  *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

                   

                   

                   

                  2019.06.20 Thursday

                  蜘蛛の巣

                  0

                     

                    神社の境内沿いにある汲み取り式便所の窓に蜘蛛が巣をはっていた。

                     

                    天井から対角線に巣をはるタイプじゃない蜘蛛なのだろう、

                    少し開いている窓をうまく使って綿菓子状の巣がつくられている。

                     

                    蜘蛛の糸は1点から1点へ線状にはるのが基本形だが、

                    線を外へ引っ張る複数の力が働けば、その線は円になる。

                    そして、円の中心線をいくつもずらせばその円は3次元になる。

                     

                    つまり平面の巣ではなく米国テレビ映画”タイムトラベル”のような空間が

                    用を足す目の前の窓の隙間にあったのだ。

                     

                    そこへ一匹の蠅が飛び込んだと思った瞬間にトンネルの奥から

                    蜘蛛が現れたかと思うと蠅に一撃し麻痺させたかと思ったら

                    トンネルの奥へ引きずり込まれてしまった。

                     

                    OH!ラビリンス!

                     

                    (Labyrinth:ギリシア神話。半人半牛が閉じ込められた迷宮)

                     

                     

                    ---------------------------------

                    Please click

                     

                    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

                    9notes ホームページ

                    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

                     

                    NINJA TOOLS

                    NINJA TOOLS

                    NINJA TOOLS

                    NINJA TOOLS

                    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

                     

                     

                     

                     

                     

                    2019.06.16 Sunday

                    取次と雑誌

                    0

                      2大 大手出版取次と言えば、日販とトーハンですね。

                      その取次が赤字に陥っているというのです。

                      その大きな理由は、雑誌販売の不振だそうです。

                       

                      本屋の主力商品は長らく雑誌でした。

                      週刊誌や月刊誌などが日替わりで本屋に並べば

                      リピーターが買ってくれていた時代は過去のことで、

                      昨今はスマホで情報を得る人が多いようです。

                       

                      スマホは文字媒体でもある訳ですね。

                       

                      出版社も苦境であることは容易にわかります。

                      それもここまで来たかという事件が、つい最近ありましたね。

                      講談社の女性雑誌”ViVi"が自民党のキャンペーン広告でコラボした件です。

                       

                      出版社も勝ち組・自民党に媚びたいのでしょう。

                      TV各社はすでに官邸の手に落ちているので、今度は出版業界がそこに

                      取り込まれていく気配を感じまています。

                       

                      そうなれば戦前の大政翼賛会の復活です。

                      (おそろしや・・・言論の自由も制限される日が再び来るのか?)

                       

                      出版・報道などマスメディアは(学問などの教育やスポーツなども)、

                      本来は権力と距離を持つ見識があったもんです。

                      それがこのテイタラクはなんとしたものか・・・・

                       

                      ネットによる情報拡散は、既成のマスメディアを超えるものとして

                      期待がかかっていましたが、それも?マークが付きますね。

                      分断を増幅させるだけだとも思えます。

                       

                      雑誌の良かった点は、様々な意見・コメントが同時に読める点でした。

                      ネットは検索エンジンによってその人の嗜好に沿った分配が

                      されてしまいますから。

                       

                      雑誌好きの私としては、雑誌の復権を望むばかりですが、

                      どうなって行くのでしょうかね?

                      出版社・報道機関がネット業界と組んで総合的なマスメディアを

                      立ち上げることは可能なんでしょうか?

                       

                      模索している段階ではないのかな?

                      どちらもハンドルを握ろうと綱引きしてるよね。

                       

                      -----------------------------------

                      Please click

                       

                      お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

                      9notes ホームページ

                      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

                       

                      NINJA TOOLS

                      NINJA TOOLS

                      NINJA TOOLS

                      *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      << February 2020 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM