2019.03.18 Monday

桜のような梅

0

     

    ”桜切る馬鹿 梅切らぬ馬鹿”といいますね。

     

    桜は切ったり、折ったりするとそこからばい菌が入って本体が腐ってしまう

    おそれがあるので、そう戒めているのですが、実際は樹木は切る時期があって

    水分が少なくなる冬に切れば腐ったりしません。ただし、考えて剪定しないと

    桜は”暴れ”ます。”暴れる”とは、好き勝手に枝が生えて樹形がおかしくなることです。

     

    一方、梅は剪定しないと次々に”徒長枝”が伸びて樹形が荒れて来ます。

    だから、切ることを推奨しているのです。

     

    つまり剪定に関して正反対なんですね。

     

    ところが、お隣の家の梅は何十年も剪定していなくて梅の実もほとんど実らなくなっていますが、

    その樹形はとても美しく、少し早いが 桜かと思ってしまうくらいです。

     

    見事です。

     

    人間は勝手に多くの実を収穫したいとの欲から剪定技術や種の改良を行って来ましたが、

    樹は、一番自然な形に成長するのが”自然”なのですね。勝手に美しく育ちます。

     

    梅の花のたくさんの小鳥がやって来て花柱の蜜をついばんでいる様子。

    大きな実は望めませんが、定量な実は実らせることでしょう。

     

    一足早い”お花見”で気分は春本番です。

     

     

    ------------------------------------------

     

    Please click

     

    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

    9notes ホームページ

    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

    homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

     

    NINJA TOOLS

    NINJA TOOLS

    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

     

     

     

     

     

     

     

     

    2019.03.13 Wednesday

    宮大工「西岡常一」・・・再録

    0

      本編は2012年6月3日分を再録したものです。

       

      -------------------------------------------------

      宮大工「西岡常一」

       

      宮大工という言葉は木工を志す職人にとって特別な響を感じさせられます。
      職人の頂点といった趣きです。


      その中でも「西岡常一」は「法隆寺の鬼」と呼ばれた宮大工棟梁で、我々の年代50代以上の木工職人・建築関係・お寺さん関係では知らない人はもぐりだと思われるくらい有名でした。


      「でした」と書くのはその下の年代の方は、西岡棟梁が亡くなられてから仕事に就かれた方で、氏を知らない方が多くなったと実感するからです。だから過去形になります。


      なぜ西岡棟梁が有名だったかと改めて考えてみると、法隆寺大工棟梁としての腕はもちろんのことですが、法隆寺の昭和大修理や薬師寺伽藍復興の中で文部省の役人や大学の教授・学者との丁々発止の論争をし、テレビや新聞でよく取り上げられていたからです。


      権威の方々を相手に一職人が頑としてその信念を曲げない様に、多くの職人が溜飲を下げる思いで見守っていたから、記憶として鮮明なのでしょう。


      「木のいのちのことは、大工が一番知っている。」
      この信念が絶対のものとして西岡棟梁を貫いていました。


      代々の棟梁としての口伝も、聞き書きや著書などで惜しげもなく披露しています。その仕事の全ぼうも多くの本で読むことができ、職人に職人たるや何をすべきか、伝えてくれています。


      山崎佑次著「宮大工西岡常一の遺言」が1995年に亡くなった氏について書かれた最新の本になるかと思います。


      その中で次代の職人へのメッセージが語られています。


      「棟梁というもんがあってその下に集まってる人は、思い切って仕事をやれ。間違えば棟梁が腹を切るんだから、これ以上できんという仕事をやってもらいたい。」


      「道具を上手に砥げても腕前が足りんといけません。それには魂を込めて研ぐ。上手とか下手を通りこして、これ以上は砥げんというぐらいに砥げということです。」


      「功利的ことを考えずに、時間がかけてもいいから、本当の仕事をやってもらいたい。ごまかしやなしに、本当の仕事をやってもらいたい、そう思います。」


      恥ずかしくなるばかりです。
      命がけの仕事をする人のありさまを前に小さくなっていく自分が解ります。


      この本の著者は西岡棟梁の死を「美しい日本」の死、と表現していますが、米代の心配をしなくなったのは還暦過ぎといい、宮大工の仕事がない時期も民家には手を出さず、田畑を耕し自給自足し、仏の道を歩き、いざ仕事となれば鬼となって木のいのちを生かす、本当の職人、本当の日本人が終焉になることを認めています。


      そうかも知れません。


      「ワシなんかたいしたことはない。本当に凄いのは飛鳥時代の工人です。」と語る西岡棟梁。
      代々の工人・職人はそれが普通だったのでしょうが、現代ではそういかん、とつい言い訳したくなります。


      職人なんて言葉は死語になりつつあります。職人になりたくても職人を生かす仕事がありません。
      また、「現代の匠」などという言葉は技術だけを指し、「木のいのち」を見る慧眼を持つ人を指す言葉ではなくなりました。


      大変な時代です。



      「これ以上は砥げんというぐらいに砥げ」何事にも通じますね。

       

       

      --------------------------------------------

      Please click

       

      お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

      9notes ホームページ

      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

      homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

       

      NINJA TOOLS

      NINJA TOOLS

       

      *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

       

       

       

       

       

       

      2019.03.09 Saturday

      美しい川と珠(たま)

      0

         

        高知県のお客さんから、四万十川はそこに流れ込む支流の美しさが格別である、と教えて戴いた。

        美しい川があるということが、人間の精神に与える影響は大であると思う。

        (反対にドブ川があるということのダメージも想像にがたい)

         

        私の住む岐阜県の笠置山は木曽川水系沿いにある。

        ほとんど毎日、自動車で子供を駅まで送りに木曽川を架かる橋を渡っている。

        御嶽山を源流に伊勢湾にまで流れ注いでいる一級河川で、昭和初期まで”木材の筏(いかだ)流し”で

        伊勢神宮の式年遷宮のための木材を運ぶ重要な運路だった。

         

        同じく岐阜県には長良川という美しい川がある。

        1994年に河口堰ができるまで本州で唯一の本流にダムのない川だった。

        日本画家の川合玉堂は、たびたびこの川を描いて来た。

        その絵には情緒が溢れ、美しい川を持つ日本人の心を描ききっていた。

        しかし、河口堰によって川は酸素不足となってもがき苦しんでいるのが現状だ。

         

         

        米国の詩人”ゲーリー・スナイダー”によって知ったのだが、

        「バイオリージョナリズム」(生態地域主義)なるものがあるという。

         

        その考え方は、自治体や町村などの行政上の区割りではなく、地理的・生態系的にみた地域の特徴を

        重視するもので、多くの生命地域は河川とその支流が流れ込む流域を中心とすることが多い、

        と解説にある。

         

        つまり、河川伝いの地域は同じ文化圏であるということだろう。

        また、東洋的には一匹の”龍”であることを意味する。

        まさしくひとつの生命体だ。

         

        龍は手に珠を握りしめている。

        仏教的には”如意宝珠(にょいほうじゅ)”というらしい。

        願い事を叶えてくれる宝珠だという。

         

        美しい川自体が、人の暮らしのを支えてくれる”宝珠”なんだ。

        その川が日本から世界各地から消えようとしている。

         

        ”宝珠”が龍の手からこぼれ落ちようとしている。

        ダムをなくすることはすぐにはできないかも知れないが、合成洗剤を石鹸に代えることはできる。

         

        「美しい川がある」という原風景を守りたい。

         

         

         

        -----------------------------------------

        Please click

         

        お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

        9notes ホームページ

        ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

        homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

         

        NINJA TOOLS

        NINJA TOOLS

         

        *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        2019.03.04 Monday

        答えを生きる

        0

           

          自然農的生活を標榜する者の目標として『答えを生きる』というのがある。

           

          若い時分や人生のそれぞれのステージでそれまでの『生き方』に疑問を持ち、『救い』を求めた結果、

          ”自然農”に出会い『救われ』『安心』を得ることができた人が、今度は一念発起して自然農的暮らしを始める。

           

          自然農という『答え』を『生きる』という選択をしたのだ。

          (一生を答え探しに費やす人が多い中、人生半ばで『答え』に出会えたのはうれしいことだ)

           

          『答え』を見つけたら今度はそれを自ら『実践』して証明せなばならない。

          (他人に対してというよりも『答え』を出した自らに対して)

           

          しかし、案外それを実践して生きることは難しいことがだんだん解ってきた。

          『答え』を探すことより『答え』を生き続けることの方が難題だったのだ。

          (そこには何ものにも代え難い『安心』があるのだが、旅人のような暮らしはできない。)

           

          淡々と実践し(失敗しても何度でも)積み重ねていく、粘り強さが求められるのだ。

          (それこそが農民の暮らしなのだろう)

          現代文明を享受し都会生活者だったものの弱点がそこにあった。

           

          『答え』を得たら終わりじゃないんだ。

          『実践』して行くことが大切なんだ、と改め思った。

          いまさらながらも・・・

           

           

          ------------------------------------------

          Please click

           

          お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

          9notes ホームページ

          ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

          homeで新着情報 ”ほぼ毎日”つぶやいています 

           

          NINJA TOOLS

          NINJA TOOLS

           

          *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          2019.02.28 Thursday

          沖縄県民投票

          0

             

            先週行われた" 辺野古米軍基地建設のための埋立ての賛否" を問うた

            『沖縄県民投票』で反対が7割を超えたにも関わらず、

            政府は、工事の一旦中止をしようともしない、

            ことに憤りを感じています。イライラしています。

             

            民意をまともに受け止めようとしない政府に、

            他府県の人間として沖縄の人たちに申し訳ない気持ちでいっぱいです。

             

            マスコミに最重要事案としてこの問題を掘り下げることを期待したいのですが、

            東京中心主義のマスコミは、二の次にしているように見えます。

             

            沖縄の人たちが「嫌だ!」って言っているではないですか。

            すぐに埋め立てを中止してください。

            お願いします!

             

             

            と、

            イライラしててはダメなんですよね。

            もっと大きく深呼吸して、大地に根付いて(あるいは海のように深く)

            相手を慈しむ気持ちを持つつ、諦めることなく

            まっすぐに問題から目を離さない。

             

            そんなところに立って来た民が、

            (厳しい自然環境に中で生きて来た民が)

            ウミンチュなんですよね。

             

            ヤマトンチュはちっちゃい。ちいっちゃい。

            すぐに結果が出なくても諦めてはダメですね。

            しつこく行きます。

             

             

             

             

            ---------------------------------

            Please click

             

            お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

            ギター工房9notes/勝田進

            ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

            ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

             

            NINJA TOOLS

            NINJA TOOLS

             

            *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            2019.02.24 Sunday

            春 到来

            0

              庭の梅がぽつぽつ咲き出した。

              例年より1~2週間早いと思う。

               

              梅のつぼみを間近で観察するとあることに気づいた。

              これは、

               

              ポップコーンが破裂する前と破裂してポップコーンになった状況に似てる、

              ってこと。

               

              トウモロコシの種をフライパンで熱したことはあるかい?

              ”popopoppopopo”と黄色の種が白い雪のような結晶に劇的に変化する瞬間に

              出会えるぞ。

               

              それを体験してから、梅のつぼみと花を観てごらん。

              そう 思うから。

               

               

               

               

               

               

              -----------------------------------

               

              Please click

               

              お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

              ギター工房9notes/勝田進

              ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

              ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

               

              NINJA TOOLS

              NINJA TOOLS

               

              *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

               

               

               

               

               

               

              2019.02.21 Thursday

              おいしいとは?

              0

                ある調理人の話。

                 

                調理場を任されているので、高級食材をどれだけ使ってもいい立場だった。

                松坂牛でもキャビアでもトリュフでも使い放題。

                世はそれを望む人が溢れていて、使えば「すばらしくおいしい」との名声を得ることも

                可能だった。

                 

                だが、それが本当においしいのか?

                 

                朝取りの茄子を焼いて醤油をかけて食する方が、うまいんじゃないか?

                 

                 

                味付けが濃い方が喜ばれる。

                見た目が派手な盛り付けが喜ばれる。

                品数が多い方が喜ばれる。

                珍味が喜ばれる。

                 

                だが、それが本当においしいのか?

                 

                素材の味をそのまま引き出す料理が、うまいんじゃないのか?

                 

                 

                「素材」これが重要なのはわかっている。

                だがしかし、「素材」の本当の味を知る人は少ないだろう。

                 

                「素材」を本当の味を知るには、百姓にならねばわからない。

                杜氏にならねばわからない。漁師にならねばわからない。

                 

                 

                「食べる」とは、命をもらうことにはかならない。

                「健全な命」を知らないと「食」の重要さわからない。

                 

                 

                 

                -------------------------------------

                 

                Please click

                 

                お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

                ギター工房9notes/勝田進

                ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

                 

                NINJA TOOLS

                NINJA TOOLS

                 

                *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                2019.02.16 Saturday

                クリエーター

                0

                   

                  NHKのEテレの番組『SWITCH』で”糸井重里”と女優の”芦田愛菜”が対談しているのを観ました。

                  芦田愛菜さんって子役で有名なあの子だったんだね。知りませんでした・・・

                  糸井さんは孫の年齢の芦田さんを指名して、自分でも未知なる対談を楽しんでいるようです。

                   

                  高校生のころからずっと糸井重里氏をマークしています。マークするってなんだが変ですが、

                  「追っかける」という意味で、気になる存在でした。

                   

                  糸井氏は、”言葉の使い手”として”谷川俊太郎”の直系だと私は位置付けています。

                  コピーライターでなかったら詩人として活躍していたのは間違いないでしょう。

                  その一方、クリエイターとしての才能が素晴らしい!

                   

                  自身の会社「ほぼ日」はユーニークな経営方針で有名ですが、コピー以外にも歌詞も書く

                  エッセイも書く、ゲームもプロデュースするし、様々なイベント・企画を提案し実際に運営して

                  しまう能力もお持ちです。社長業ができるほど、ただ面白いことを言うだけでなく利益を生む力も

                  あるのです。

                   

                  今までいない「面白い」ことを実現するクリアーターとして、私は同年代の”いとうせいこう”も好きですし、

                  糸井氏と同年代のイラストレーター”南伸坊”も好きですし、空飛ぶ茶室で有名になった”藤森照信”も

                  亡くなった画家”赤瀬川原平”も。若い人では文筆業の”松浦弥太郎”やブロガーの”荻上チキ”にも注目しています。

                   

                  クリエーター気質の方々の、未知なる領域をパイオニアとして切り拓いていく姿に励まされています。

                  自身は「面白い」と感じているものをやっているに過ぎないのかも知れませんが、その後には道が出来ています

                   

                  だれにでも選択肢が無数にあることを示してくれているところに勇気をもらいます。

                  社会は壁だらけでしょ。選択肢は少ないのが現状です。そこを「そんなことはないよ」とやってのける

                  クリエーターの存在が明かりなんです。

                   

                   

                  会社人間は定年間近になってくると「定年後」に希望を見出そうとします。

                  壮年・老年に入ってくると”終活”として終える準備をしようとします。

                  それはそれでいいのかも知れませんが、私はその態度が好きになれません。

                   

                  何歳で死ぬか分かりませんが、仮に80歳なら60歳からでも20年はある訳ですよ。

                  20年あれば、新しい事だって熟練の域に達することも可能だと思います。

                  もちろん、体力・気力は落ちていくのですが、「もういつ死んでもいいから」と自分に言い訳して

                  新しいことにチャレンジしないのは私は嫌です。

                   

                  師曰く「生きているうちは成長する」それが自然界の理ってもんです。

                  きっぱり!

                   

                   

                  --------------------------------------

                   

                  Please click

                   

                  お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

                  ギター工房9notes/勝田進

                  ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                  ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

                   

                  NINJA TOOLS

                  NINJA TOOLS

                   

                  *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  2019.02.12 Tuesday

                  発電問題

                  0

                     

                    原子力発電所の事故による放射能の問題と、それを支える日本の大企業と(原爆を保持したい)政治の問題から、

                    私は原子力発電に異を唱える者である。

                     

                    それは間違いない。

                     

                    だからと言って、原子力の代替エネルギーとしての”自然エネルギー”(とくに太陽光パネル)を推進するという

                    エコな人々の間で当たり前になりつつある意識が、

                    私の中で萎えていくのを止められない。

                     

                    それは何故か?

                    山村に住む私たちに迫っている”自然破壊”問題がそう思わせるのだ。

                     

                     

                    戦後は焼け野原になった本土復興・住宅資材不足から山の木(木材)の需要があり山(木材)はお金になった。

                    しかし昨今、住宅建材は輸入木材の方が各段に安く、国内産の材木の需要はガタ落ちで、

                    柱が一本取れるよく成長した木もそれを伐採して製材し市場に卸すと輸入材に負けて売れない状況に陥っている。

                     

                    そのため地方の山は、お金(財産)にならないので放置されている状況だ。

                     

                    そこに目をつけた業者は、その土地を格安で買い取り、または借り受け山の木をすべて伐採して

                    ソーラーパネルを並べ「簡易発電所」として作り変える事業を展開するようになった。

                     

                    業者は、山の持ち主に「山の有効利用」とか「発電で儲けることが可能」と宣伝している。

                    山は斜面になっている。特に南斜面は太陽光を受けるのにはもってこい、だ。

                     

                    木が売れない山は持ち主には負担以外に感じず、手放したい衝動に駆られるだるろう。

                    そこに甘い言葉をささやかれれば・・・・

                     

                    結果、地方の山では虫食い状態にソーラーパネルが乱立することになる。

                    私の住む地区もすでにそうなっている。

                    奥山でない。山麓の人の住む部落の間にソーラーパネルがすでに乱立している。

                     

                    後継者のいない家は空き家になり、その土地は転売される。

                    または、地元に住まなかった家族が土地を手放す。そうなると業者が暗躍するのだ。

                    (ただ、業者を責めるのも本当は酷なのだろう。それを推し進める「法立」とその隙間で

                    商売しようとするのは「資本主義社会」では許されているのだから)

                     

                    よって、ウチの隣の斜面が「ソラーパネル」で覆いかぶさられても不思議でない状況なのだ。

                     

                     

                    もう一つの問題は「太陽」や「風」や「地熱」や「海流」はだれのものか?という

                    ことだ。

                     

                    それについて、ソーラー電源で野外フェスを行っている「中津川ソーラーブドーカン」のレポートを

                    以前書いたので参照にして欲しい。

                     

                    http://9notes.jugem.jp/?eid=651

                     

                     

                    --------------------------------------------

                     

                    Please click

                     

                    お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

                    ギター工房9notes/勝田進

                    ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                    ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

                     

                    NINJA TOOLS

                    NINJA TOOLS

                     

                    *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

                     

                     

                     

                     

                     

                    2019.02.08 Friday

                    クマモン

                    0

                       

                      ”村”だった名残か、我家にも町内の有線放送がしかれている。

                       

                      ピンポンパンポン・・・

                      ○○地区内で熊目撃情報があります・・・

                      外出時にはくれぐれも気を付けてください・・・

                       

                       

                      熊本県のゆるキャラ『くまモン』をNHK番組『プリフェッショナル仕事の流儀』で

                      特集していた。思いの外、計算した演出で話つくりしているんだね。

                      だけど、『くまモン』にハマるのは日本人がアニメキャラクターを愛せる性格だから。

                      大人も子供もマジに好きだからね。

                       

                       

                      森の食物連鎖の頂点に立つ動物として熊や狼は有力だろう。

                      また、強い毒を持つハブやマムシも上位に存在しているだろう。

                       

                      その森に属す人間は、いくら文明が発達したといっても

                      それらの動物に恐怖を覚える、のは至極当然。怖いもんは怖い。

                       

                      村の長老は「この山で熊を見たことはない、カモシカを見間違えたとしか思えない」

                      という。

                       

                      ただ樵の友人は「ついに熊を見た」と話していたので、この山に熊がいることに

                      真実味を持った。

                       

                      「くまモンかわいい」とか言っている場合でなくなった。

                       

                       

                      -----------------------------------

                      Please click

                       

                      お問い合わせ・9notes@huni.enat.jp  または 080-2660-2284

                      ギター工房9notes/勝田進

                      ブログ「古いギターはいい音がするのさ。」

                      ブログ「よごれた顔でこんにちは。」 

                       

                      NINJA TOOLS

                       

                      *『ギター工房9notes』は中央自動車道 恵那ICから車で15分

                       

                       

                       

                       

                       

                      Calendar
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << March 2019 >>
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM